タイトルやはり俺の魔法はどこまでもチートである。小説ID138237
原作魔法科高校の劣等生作者高槻克樹
あらすじ「魔法科高校の劣等生」と、「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」のクロス作品となります。
本筋は魔法科高校のストーリーを主軸に、俺ガイルの八幡が主人公で進みます。
題名通り、八幡はやたらハイスペックですが、活躍はあまりしません。
俺ガイル勢は、基本比企谷家のみ登場します。

基本的に真面目でシリアスばかりの魔法科高校のシナリオに、深雪や十師族にもスペックで劣らない八幡をぶち込んだらどうなるかなーと妄想しながら書いた作品です。

両作品ともに最新刊購入した際に1巻から読み直した勢いに触発されて書いた独自解釈ありきの駄文ですが、暇つぶしにでもどうぞ。

================
誤字報告ありがとうございました。随時適用させていただいています。

タグ俺ガイル 原作改変 比企谷八幡 司波達也 ヒロイン未定 チート 魔法科高校の劣等生 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 独自解釈 オリジナル展開 オリジナル要素
必須タグクロスオーバー
掲載開始2017年10月30日(月) 02:55話数連載(連載中) 17話UA260,750
最新投稿2018年01月08日(月) 01:06しおり824件お気に入り3,214件
開示設定通常投稿合計文字数167,982文字感想117件
感想受付設定ログインユーザーのみ平均文字数9,881文字総合評価5,100pt
評価
(黒→赤)
調整平均☆7.65:7.65  投票者数:177人 (平均評価☆7.24)
評価
☆10:33
 
 
☆9:72
 
 
☆8:17
 
 
☆7:12
 
 
☆6:2
 
 
☆5:3
 
 
☆4:3
 
 
☆3:5
 
 
☆2:5
 
 
☆1:20
 
 
☆0:5