とある神はとある出来事の為に再び大地に足を付けた。
それは、その神にとって楽しくかけがえのないものとして心に刻む。
時にシリアス有り、笑い有り、そんな貧しい日々を送る物語だ。
  ある日の旅出
  1日目 他の神話の民達との会合2019年03月06日(水) 02:13
  2日目 前哨戦、後続の子は高潔2019年03月06日(水) 04:24
  3日目 神格解放。幼子(ホムンクルス)の未来の為に()
 ▲ページの一番上に飛ぶ