Jack the Ripper ~解体聖母~
作者:-Msk-

▼感想を書く

ゾード  2019年02月13日(水) 19:35 (Good:0Bad:0) 報告

更新お疲れ様です。
ふと気になったのですが、ジャックの本名って霧崎”士郎“‘ですよね?
透夜って誰ですか?

返信:-Msk- 2019年02月13日(水) 22:10

あまりにもジャックの本名を本文に書いていなさ過ぎて作者が他の書きかけの作品の主人公の名前と間違えた可能性があります。

簡潔に言えば、作者のミスです。
全部見返して間違っているところを修正したいと思います。


白金  2019年01月31日(木) 23:01 (Good:0Bad:0) 報告

仮想世界限定とはいえ、シノンと(見た目)おねショタかぁ。しかもリアルで弄られてるからか、体格とステータス違いもあってこっちでは弄る(愛る?)模様。…………いいぞもっとやれ。

-追記-

あれ? ひょっとしてリアルでもショタ? けどバイク乗れてるし、詩乃のクラスメートが「彼氏?」と思える位の背格好の筈だし。

返信:-Msk- 2019年02月13日(水) 22:09

リアルでの正確な描写をしていないので曖昧になってるんですよね…
クラスメイトが彼氏かどうか勘繰る程度の背丈でできるだけ…って感じになりますかね。

正確な描写は今後入れる予定なのでそれまでお待ちを…
すまぬ…


メルト@  2018年06月12日(火) 00:01 (Good:0Bad:0) 報告

最新話、ユウキの武器の説明が細剣になってますが片手剣では?
細剣ってアスナの武器ですよね?

返信:-Msk- 2018年06月12日(火) 00:05

指摘ありがとうございます。
完全に自分の間違いです……。
修正しておきます。


うたたね。  2018年06月09日(土) 09:10 (Good:1Bad:0) 報告

待ってました!!!
ユウキvsジャック……燃えましたね!

あ、コミケ当選おめでとうございます!

返信:-Msk- 2018年06月09日(土) 18:10

燃え燃えの戦闘シーンが書けてよかったです!

ありがとうございます!


弐康  2018年06月09日(土) 07:13 (Good:1Bad:0) 報告

コノシュンカンヲマッテイタンダ-!!
更新お疲れ様です!
だいぶ参っていたようで、健康状態には気をつけてください。ゆったり自身のペースで良いんですよ^ ^
なぁに我々は半年以上待った。次の一年、二年どうってことはない。真のファンならいつまでも待つさぁ
あとコミケおめでとうございます!自分は場所的に行けないのごとても悔しくてなりませんぜ(台パン

返信:-Msk- 2018年06月09日(土) 18:08

ありがとうございます……っ!

本当に睡眠障害とストレスは危ないということが身に沁みました……。
もっと体を大事にしようと思います。

いえいえ、コミケは時間が足りないのでご自身の目標を優先してください!


yupa  2018年06月09日(土) 03:51 (Good:0Bad:0) 報告

更新お疲れさまです。最近見つけて期待していたところだったので更新されて嬉しいです。主人公についても気になるところですがやっぱりシノンはかわいいな!
最初からつき合ってる?のもあんまり見ない展開ですし、所々で見られる二人の信頼感系が良い感じです。
出会いの話なんかも気になりますね。
また更新していただけると嬉しいです。

返信:-Msk- 2018年06月09日(土) 18:05

出会いの話もそろそろ書こうと思ってます。
本編終了後か、本編中に閑話という形になると思います。

できるだけ早く更新できるように頑張りますね!


歌麻呂  2018年06月09日(土) 02:23 (Good:0Bad:0) 報告

更新お疲れ様です。待ってましたよ!
これからもゆっくりでいいので、是非完結まで頑張って下さいませ!
気長に待ってますので!!!

返信:-Msk- 2018年06月09日(土) 18:04

ありがとうございます……っ!
がんばります!


藤丸ぐだ男  2018年06月09日(土) 02:21 (Good:0Bad:0) 報告

久々の更新だぜヒャッハー!

ジャックが真剣な話ししてる最中しののんがジャックに頬ずりしてるというのが気になって話が入ってこねぇww

そして彼すらも超えるほど高みに至った木綿季…
彼女の命の灯火は最後まで輝いていた……

ちなみに余談ですが
木綿季が絶剣として活躍し始めた頃にGGOでは第1回スクワッドジャムが始まっていたらしいです
なので木綿季が亡くなるのは第2回か第3回SJの頃っぽいらしいですよ
SAOの時系列わっかんねぇや……

返信:-Msk- 2018年06月09日(土) 18:02

命を燃やした彼女は限界を超えて進化していった……。
どうしてもあのシーンは彼女が勝たないといけないような気がして……。

そうなんですか!
その編の時系列がいまいち理解できていなくて……。
情報ありがとうございます!
SAOの時系列難しいですね……。


やまねこですよろしくおねがいします  2018年05月24日(木) 00:42 (Good:0Bad:1) 報告

キリト君は原作でも負けた結果が確かにあり最強ではありません。ですがそれでも『負けない』と断じられると引っかかる部分があります。
ゲームでしか剣を振ったことが無いとありますが、
ゲームでしかと断じれる程度なら原作の仮想世界とはなんだったのですか?安っぽいまがい物でしょうか。
単純に言うなら現状原作キャラが踏み台でしかなく
主人公が強い理由に大きな説得力が無い事が不満点です。

-追記-

返信ありがとうございます。
更新を考えていてくださったことわかりとても嬉しいです
申し訳ないのですが、ジャックが勝つ理由とはなんでしょう?戦法の違いについて触れていた部分はありましたが
あくまで『自分はこっちの戦法がいい』といったジャック自身のの戦闘スタイルへの考え方と受け取っていました。

返信:-Msk- 2018年05月24日(木) 11:45

まずは約一年弱更新していない今作を閲覧していただきありがとうございます。
生存報告も兼ねた返信をさせてもらいます。
そしてMR編1話まで読んでいただいているものとして答えます。

まず、キリトのスペックは原作と全く同じです。
ジャックがいるから強くなっているとかはありません。

なぜジャックがキリトのことを「ゲーム内でしか剣を握っていない奴だぞ、キリトは」と言ったのか。
それに関しても本文(MR編第一話)で触れています。
キリトが現実世界で剣を握ってたとしても、そう考えた理由が書いてあります。
そしてこのセリフの意味をもう一度考えてみてください。

ちなみに、ジャックはキリトがALOをやっている間もGGOをやっていました。

本文(MR編第一話)でも、なぜジャックがキリトに負けないのか、その理由を書きました。
勘の良い方は、ジャックとタメを張れる人物が何となくですけど思い浮かぶと思います。
ジャックの言動や本文でも少しだけヒントを出しているつもりです。

これでもわからない場合はOS編までお待ちください。
もしくは、メッセか何かでネタバレを要求してください。
この場では全て語れません。

主人公が強い理由ですが、今作の各話(詳しくは思い出せない、または削除している可能性あり)の前書き・後書きでもチラっと出したかもしれませんが、MR編まではあくまでもプロローグです。
今作の本編はOS編となっており、それまでは前座です。
なので、ジャックの情報をあまり開示しすぎないようにしています。
それでも気付いている方がいるようですが……悔しい限りです。

長文になりましたので、どこか齟齬があるかもしれません。
返信の内容に不備がある場合は「追記」をしてくだい。
こちらも「追記」にて回答しようと思います。

- 追記 -
ジャックがキリトに確実に勝てる理由を問われていると思って回答します。

キリトの戦闘スタイルは原作を見てもらえればわかると思いますが、ソードスキルを少なからず使っています。
そこが弱点なのです。
ソードスキルは、決まった行動を起こします。
練度の高いプレイヤーになればなるほど、何のソードスキルか見破ることができ、そのソードスキルによる攻撃の軌道が事前に予測するこができます。
確か原作にもチラっと記述されてあったような気もします(自分の勘違いかもしれませんが…)。
無論、ジャックも予測できます。

対して、ジャックの戦闘スタイルは、ソードスキルを使わず、その都度その都度に最適な攻撃方法で戦っています。
キリトの経験則による予測はできるでしょうけど、ソードスキルのように決まりきった行動をするわけではないので、少なからず一撃は貰ってしまうはずです。

キリトのVR適性がかなりのものだと仮定しても、認識の範囲外からの連続攻撃には耐えられません。
ジャックの戦闘スタイルは、AGI極振りのスピードタイプです。
キリトのスピードもかなり物もですが、彼はSTRにもパラメータを少し割り振るようなスタイルです。
原作ALO編の初めのころに選んだ馬鹿でかい大剣がいい例かなと。
AGI極振りのジャックにスピードではかないません。
一撃一撃は弱くても、それを積み重ねればライフを0にすることはできます。

ジャックの戦闘方法の解説に関しましては、本編であるOS編~アリシゼーション編(未定)で明かしていきます。
なぜ彼がこの戦い方をしているのか、強さの根源や理由を書き上げたいと思います。

MR編まではあくまでもエピローグなので、秘密を多く残していくように書いています。
「あれ?この事に関して本文で説明された?」などと思う箇所は多々あると思います。
それをわかった上で書いているつもりです。

再びになりますが、長文になりましたので、齟齬が生じている可能性があります。
こちらも読み返して確認はしておりますが、どうしても見逃している箇所があるかもしれません。
疑問点があれば「追記2」にてお答えします。
作品作りの糧になる意見をありがとうございます。


藤丸ぐだ男  2018年02月24日(土) 15:56 (Good:0Bad:0) 報告

自分は名前で分かる通り知ってるからいいんですが
どうみてもSAOにFG○のネタ突っ込んでますよね…
( ̄▽ ̄;)
一応タグに入れるべきでは…?
というか主人公の頭おかしい(褒め言葉)
普通あそこまでのスピードなんて処理出来ずにパンクするだろ…
でもGGOでそんなプレイで遊ぶとか楽しそうやなぁ〜

返信:-Msk- 2018年02月25日(日) 14:39

今まで誰にも指摘されなかったので気にしていなかったのですが、そういわれればそうですよね…
一応タグを入れておこうと思います。

GGOみたいなゲームが実現されるまでにはもう十年、最低でも五年ぐらいは必要そうですよね。
VRはもう今の技術では打ち止め感があるらしいので…



感想を書く
ログイン状態でのみ感想の投稿が可能です
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。