悪の舞台
作者:ユリオ

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

感想

にゃるが  2019年11月09日(土) 11:38 (Good:0Bad:0) 報告

悪にも正義にも強いこだわりがあるウルベルトさん、いい意味でめんどくさいお方だな!(歓喜)
元々正義や悪の概念自体がややこしくて面倒くさいものだけど、ウルベルトさんはある意味でそれに対して真面目過ぎるんだなと感じました。

返信:ユリオ 2019年11月09日(土) 19:17

感想ありがとうございます。

このウルベルトって奴、めちゃくちゃ面倒くさい人だな。と思いながら楽しく書いておりました。

正義や悪の定義なんて人それぞれ、場面ごとに違うので本来は人に押し付けて良いものじゃないんでしょうけど、ウルベルトさんは、悪に対して真面目過ぎて、悪はこうなんだよっ。ってなってますね。
まぁ、真面目過ぎたおかげで人間としての道は踏み外さずにいれるんですけどね。


ガリガリ君コーラ味  2019年11月09日(土) 11:33 (Good:0Bad:0) 報告

暴力への高揚にすら苛立ちを覚えるとは、筋金入りの悪コンプレックスですね。
生まれ持ったカルマに従って善行をしようとするセバスに対してはどう感じるのかな?

返信:ユリオ 2019年11月09日(土) 19:09

感想ありがとうございます。

自分の中に確固たる悪がある人なんで、自分の物ではない悪に苛立ちを覚えてますが、逆に言うと後からつけられた悪の感情がどれなのか判断が出来てるんで、それに流されることは基本ないですね。

セバスとは、後ほど色々ある予定なのでそこまで待っていただければと。現状は、どっかの誰かを思い出して嫌だから、あんまり近づきたくないって思ってます。


takaMe234  2019年11月09日(土) 10:44 (Good:3Bad:0) 報告

悪だけに対峙する正義には一際拘ると
ガゼフの正義については素朴な感じがしますね
ただ、彼が一振りの剣士であった頃なら美徳であり、戦士長という立場になれば誰かを死なせてしまうという事です
しかし、正義に合理主義を混ぜてると、少数派を数値的に切り捨てていく冷酷な社会の天秤が出来てしまうと
正直、そんな存在をウルベルトさんが許せるとは思えませんが

最終的にはウルベルトさんは悪になるみたいですが、単なる残虐性や残酷であったり他者を弄ぶ存在になっては欲しくない
もうそれはデミウルゴスという存在が補完してる訳ですからね

返信:ユリオ 2019年11月09日(土) 19:00

感想ありがとうございます。

ガゼフには、そのままの正義でいて欲しいものです。
ウルベルトさん的には、何を守りたいかはっきりしろよって感じですね。
自身は王に仕えると言いながら、今やっているそれは王の為の事なのかっていう。多分、民を助ける為に戦士長の役職に就いたって言ってたなら、そこまで反発しなかったでしょうね。
完全に合理主義になるのはまずいけど、全てを救える完全な正義が存在しない以上、本当に大切な物の為にある程度切り捨てる覚悟は必要なんじゃないかと言う。

悪というか、うん。いや、悪ですね。デミウルゴスを困らせるくらい悪してます。


FIS  2019年11月09日(土) 07:53 (Good:4Bad:0) 報告

なんかウルベルトさんがめんどくさい彼女で
モモンガさんが優しいけど優柔不断な彼氏に見えてきた
久々のデートで行った店の味が変わった事に怒る彼女となだめる彼氏

返信:ユリオ 2019年11月09日(土) 09:47

感想ありがとうございます。

そう言われると、作者もそう見えてきた。
ただ、モモンガさんは普段は優柔不断だけど、別れ話をほのめかすと一気に重たい束縛系彼氏になるので、最終的にどちらも面倒くさいという。


321◆64jW4V35wI ID:H2Nl.M76  2019年11月09日(土) 01:39 (Good:0Bad:0) 報告

正義"ずら" になってました。
正義”づら"
面=つら

返信:ユリオ 2019年11月09日(土) 09:32

誤字報告ありがとうございます。
訂正しました。


全話感想

ロムorz  2020年02月28日(金) 23:02 (Good:0Bad:0) 報告

感動しました。完結お疲れ様です。
短くスッキリとまとまっていたので、負担なくすぐに読破できました。
それでいて原作を限りなくリスペクトした重厚なストーリーに脱帽です。
これだけで完結したのは寂しい反面、変に長くせず美味しい時期に終わらせた
テンポの良さに好感を持てました。
新作も楽しく読ませていただいています。本当に面白かったです。

返信:ユリオ 2020年02月29日(土) 18:56

感想ありがとうございます。

ネットに投稿するの初めてで、最初の頃はどんな反応されるだろうかとドキドキしていたんですが、そう言ってもらえると、投稿して良かったなぁって本当に思います。
まだこれからも、色々書いていきたいなって思っているんで、今後も読んでいただけたら幸いです。


つが  2020年02月22日(土) 21:58 (Good:0Bad:0) 報告

完結されてたー
お疲れ様でした。
ナザリック的にはハッピーエンド、ですかね。全てのハッピーエンドは前途多難だ、的な。

ウルベルトさんはあれですね、割と本能に則った振りして好き放題した上に一度死んでデトックスされちゃったんでだいぶ「キレイナウルベルトサン」になってらっしゃる…確実に幸福ではないし燃やす情熱も大分尽きちゃったけど、それでも人は生きねばならぬ、と。

前途多難ですねえ。

返信:ユリオ 2020年02月23日(日) 13:07

感想ありがとうございます。

ナザリック的には、まだまだ問題もあるし、やる事一杯あるけど、それぐらい忙し方がウルベルトさんいなくなった悲しみを少しずつ消化できるかなぁって作者的には思っています。

ウルベルトさんも、眠ってるモモンガさんをどうにか維持するのに、色んなギルメンと連絡とったりして、割と忙しく過ごしているんじゃないかな。
悪に拘る理由はなくなったけど、あの時の気持ちや感情を忘れるくらいなら、どんな地獄でも構わないって思ってるから、特に後悔する事もなく人間として生きていく感じですかね。


みずのと  2020年02月19日(水) 19:43 (Good:0Bad:0) 報告

一気に読んでしまいました。
圧倒的な文章力でウルベルトの葛藤や愛情が描かれていて、散り際の描写に思わず泣いてしまいました。
素晴らしい作品をありがとうございます。

返信:ユリオ 2020年02月20日(木) 12:46

感想ありがとうございます。

そこそこ長いのに一気に読んでいただいてありがとうございます。
そう言ったコメントいただけると、投稿して良かったなぁって本当に思います。
こちらこそ、読んでいただいてありがとうございました。


ユキ9876  2020年02月16日(日) 13:10 (Good:1Bad:1) 報告

完結お疲れ様でした。
愛を始めとして、まあ正義と悪だけではない概念も当然ながらありますよね

モモンガさんを始めとしたナザリック勢のこじれてしまった精神に衝撃を与えるためには、ここまで必要なんだろうなって変に納得しましたw
ウルベルトさんお疲れ様でした

でもジル君には迷惑だったと思うので世話をしてあげて欲しいw

あとやっぱりレメディオスがこんな輝いて見えるとは、どんなキャラも展開次第なんだなって思いました
身近にはあんまりいて欲しくないですが…

返信:ユリオ 2020年02月16日(日) 13:58

感想ありがとうございます。

正義と悪で全部分別しようとしていたのがそもそもの間違いっていう。

ジル君には、本当に悪い事をした。
後から話を聞いたモモンガさんが、謝罪して割と帝国は優遇してあげてると思う。普通に、あの二人は友達になれそうだし。

一人でも良いから、レメディオスの好感度を少しでも上げられたら良いなって思っていたんで、そう言ってもらえるととても嬉しい。
キャラとして凄く好きなんですよ。リアルに身近にいて欲しいタイプではないけど、裏表ない性格だからウルベルトさんとは上手くやれそうと、原作読んでる時から思っていたんで。


黒龍なにがし  2020年02月16日(日) 03:04 (Good:0Bad:1) 報告

完結お疲れ様です
リアルは地獄かー、それでも生きようと思えるなら言うほどでもないのかもですね
白と黒の扉の前で人の姿に戻ったのは、精神性もバフォメットから人間に戻ったって所なんでしょう

ハッピーエンドではないですがビターエンドですかねw

返信:ユリオ 2020年02月16日(日) 13:50

感想ありがとうございます。

完全に精神的にも人間に戻って、地獄の様なリアルで極々普通の人間として生きていく事になります。


ウルベルトさん的には、長年の悩みが解消してやる事やり切った感じなんで、本人的には一番良い終わりが出来たって感じですね。
周りから見たら、他に方法あっただろって感じなんで、ビターエンドになるのかな?



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。