2007年4月1日、銀の雨の時代において最初の戦争と呼ばれた奈良の土蜘戦争…それは紛れもない悲劇であった。しかし、それよりも更に時を遡り2006年9月26日…土蜘蛛の巫女の一氏族『燕糸家』は一族の祀る土蜘蛛を封印から解き放つことに成功する。土蜘蛛はその糺を朱天童子…のちに燕糸踊壺(b32648)と呼ばれる土蜘蛛の少女である。そして封印を解いた若き才ある燕糸の巫女…燕糸八重架。そして彼女たちの押し込められた蔵に住み着くは学園から夢をあきらめ逃げ出した異端の魔女(b04105)。彼女たちの縁は奇妙な運命の糸に絡まれて悲劇へとなだれ込む……そこに見出すのは絶望か、希望か……これはあくまで回想録、そこに何を見出すかは貴方次第…
  一.馴初()
  二.自己2013年07月28日(日) 09:09()
  三.決意2013年07月28日(日) 09:10()
  四.幸福2013年07月28日(日) 09:11()
  五.下院2013年07月28日(日) 09:12()
  六.作為()
 ▲ページの一番上に飛ぶ