自称一般人?な高校生の主人公は、いつの間にかお亡くなりになっていたらしい。しかし、
一部の記憶だけが全然思い出せなかった。そんな主人公の前に白い装束を纏った神々しい御方(まぁ、想像できるほど分かりやすいけど)が現れた。その御方と有意義なO☆HA☆NA☆
SI………、をしました。さっそく特典決めになったが、どうにも後二つの特典が決まらなかったのでくじ引きで決めることに。そして、くじに書いてあった片方には……「波導の…力⁇」 これは、とある男の愛と(あったらいいね)勇気の(頑張りなさい)…物語
*処女作です。至らない所もありますが面白くしていこう頑張りますので、
どうか温かい目で応援してください。これからよろしくお願いします。
*旧: 魔法と少女と波動使いと……
  プロローグ1()
  プロローグ22012年10月04日(木) 16:47()
  プロローグ3()
 ▲ページの一番上に飛ぶ