ネギドラ!~龍玉輝く異世界へ~
作者:カゲシン

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

hina  2019年04月03日(水) 20:31 (Good:0Bad:1) 報告

すげー両作品のキャラを大事にして、よく考えられてる作品だと思います。

けど、読んでて思ったんだけど無理してネギま勢に合わせて、敵やZ戦士の実力を下げる必要は無いと思うんだよね。
これまでは、試合だったからZ戦士達もネギま勢に合わせてたけど、今は普通に殺し合いに近い戦いをやってるわけやん?
実力差は比べ物にならないくらい離れてんだから、無理して戦わせずに援護や回復などのサポートなりでも十分ネギ達に見せ場を作れそうなんだけど。
正直銀河戦士に瞬殺されてもおかしく無いくらい、ネギま勢は実力差があるからなんで戦いが成立してるのか、正直疑問を覚えてしまう。

返信:カゲシン 2019年04月05日(金) 23:03

どうもhinaさんお久しぶりです、再び感想ありがとうございます。

ご指摘の部分ですが、Zのアニオリであったセル(第一形態)対クリリンやセルジュニアvsZ戦士みたいな『戦闘力かけ離れ過ぎだけど、ほんの最初の部分は戦闘が成立している』話ってのが私自身割と好きで、その影響がこの作品に出てしまっているのだと思われます。

ただ他の感想の返信でも書きましたように、パワーバランスの完全崩壊やネギ側よいしょのためのDB側下げまくりは私も望んでませんので、それを今後の話で上手く表すことが出来れば、と考えております(瞬殺されず、の理由もザンギャ・ゴクア・ビドーの三人とも一応考えてあります)。

ややネタバレになりますが、今の予定ですと数話使って現在戦闘中のネギ楓コタ明日菜の、↑で書きました『戦闘が成立しているほんの最初の部分』以降のところを描写予定です。援護や回復などの非戦闘見せ場も追々…

そういった部分もある程度仕上げて間を置かずに投稿出来たらより楽しく読んでいただけたのでは、と今回感想をいただきまして強く感じた次第です。繰り返しますが感想本当にありがとうございます、パワーになります。今後ともよろしくお願いいたします、ではでは。


典型的凡夫  2019年01月03日(木) 15:32 (Good:0Bad:0) 報告

集団戦の件は成る程と唸らされました。悟飯もトランクスも戦闘センスが高いほうだとは思いますが、二人ともコンビネーション、ましてや複数で一人にかかる経験なんてほとんどないでしょうから、こうなるのもやむを得ないのか。天津飯たちが組み合わせによって1+1を3にも4にもしているのとは対照的ですね。
とはいえ同じく経験が浅くとも、仮にこれが悟空とベジータなら、また違ったのでしょうけど(映画のメタルクウラとか……)。流石にこの二人と比べるのは酷ですかね。

返信:カゲシン 2019年01月04日(金) 03:17

どうも典型的凡夫さん、感想ありがとうございます。
集団戦のところに触れていただき、嬉しく思います。天津飯たちと対照的になってる、というのはこの感想読んで初めて気付きました(笑)
悟飯はグルド戦やギニュー(in悟空)戦とかやってるんで正確には未経験ではないんですが、間が空きすぎてるしキャリアとするには総数が少なすぎるし……ということで本編のような描写にしてます。
悟空とベジータの場合は『戦士としての総経験量』が年数や場数からして息子達とは大きく差があるんで、そのあたりで色々と違ってくるんじゃないでしょうか。私も、酷だと思います。
今後ともよろしくお願いいたします、ではでは。


rio ID:o4/Uh5ng  2018年11月21日(水) 19:37 (Good:0Bad:0) 報告

更新が無くて心配です。ご無理はなさらないで欲しいですが、それでもやっぱり読みたいと思ってしまいます。色々矛盾してる事言ってしまってますね……。とにかく応援しています!

返信:カゲシン 2018年11月26日(月) 08:19

更新遅れてすみません!私事ではあるのですが、現在多忙のため執筆が滞ってる状態です。せめて活動報告なりで告知するべきでした、申し訳ありません。
応援のお言葉、とても嬉しいです。これを励みに、時間を縫って少しでも書き進められたらと思います!
これからも、どうぞよろしくお願いいたします


13 ID:cGqax0mk  2018年08月03日(金) 17:13 (Good:2Bad:1) 報告

Z戦士の弱体化が見られる様なのでパワーバランスはキチンとしたほうがいいかもしれませんね

返信:カゲシン 2018年08月03日(金) 17:57

どうも13さん、こちらでも感想ありがとうございます。

他の方からの感想でもありましたが、やはり「ネギまキャラの強化」よりも「Z戦士の弱体化」の方が印象に残ってしまわれる方が多いようで、申し訳ない限りです。
個人的にはZ戦士を弱くしてるつもりは無いんですが、ネギまキャラの強化部分(各キャラの修行パート、元いた地球より気と魔力が発現しやすいという設定)の描写が足りないあるいは説得力に欠く書き方になっているためと思われます。
パワーバランスはキチンと、は本当に仰る通りで、この先致命的な破綻が起きぬよう定期的に読み返すなどして精進し良い作品に仕上げていきたいです。ありがとうございました


hina  2018年01月01日(月) 21:41 (Good:1Bad:2) 報告

今回の話で疑問何ですが地球を軽く破壊出来る程の気の量を持つ天津飯を楓の気弾で形成した球体で封じたって事でしょうか?
もしそうだとしたら気を一瞬で放出すれば良いだけでは?
超能力とかなどではなく単純に気で形成されたものであれば、気の総量も技の練度も上の天津飯を封じるには流石に都合良すぎでは?
まぁ、楓が天津飯と五分か少ししか劣らない位の気の容量を持ってるならともかく、だがそれだとそれまでの話と齟齬が出てしまうんだよな。

-追記-

細かく説明されれば納得は出来なくても理解はできますね。
ただ、楓でと天津飯では圧倒的に気の総量が違うようですので、やはり動きを封じはしても数秒あれば天津飯なら全力解放しなくても少し本気で気を込めればいい量でどうにか出来るので、やはりご都合主義は免れないかと。
そもそも天津飯が全力で気を解放して戦ってる訳ではないようですので、やはりネギ側に合わせ過ぎて不完全燃焼になりますね。
実力差を考えれば致し方無いのかもしれませんが。

返信:カゲシン 2018年01月01日(月) 08:11

どうもhinaさん、投稿からすぐの感想ありがとうございます。
あの場面は封じた、というよりは一時的に動きを止めさせたくらいの感覚で書きました。なおかつ、あそこからの脱出方法を考えるにあたっての順番が本編中で

力づくで脱出→窮屈な姿勢で時間かかりそう→気功波撃つ→防御態勢解くことになってまともに食らうかも

まで書いてるんですが、次に浮かぶであろう『気を全身から放出』に至るより先に影分身に海に叩きこまれてます(球体にしてから決着まで数秒くらいの早さ)
そこに至るまでの思考時間の遅さは、『ダメージを与えてくる(倒しに来る)と思っていた技がまるで別の動きをしてきた』ことにより驚きで生じた、という理由も合わせれば、どうにか気の大きさの差で感じる齟齬・矛盾は解消……されてますかね?前半部分で楓の気功波を気合だけで掻き消させたのが響いてる気がします……

描写力というか構成力というか、その辺りの力不足でいただいたご指摘だということは重々理解しております。またも後出し解説になってしまい申し訳ありません、過去の返信でも書いたことですが、以後も精進を続けていこうと思います。今後ともどうぞよろしくお願いします、ではでは


hina  2017年12月30日(土) 03:45 (Good:0Bad:0) 報告

今はドラゴンボールのキャラ達がネギ側に合わせて戦ってるから試合になってるけど、天津飯が楓を本気で倒しにかかる前に、何かしらの手を考えないとマジで一瞬で終わりそうだな。

返信:カゲシン 2017年12月31日(日) 11:53

どうもhinaさん、またも感想ありがとうございます。
もう少々しましたら、第57話投稿です。そこで登場する「何かしらの手」が、どこまでhinaさん含めた読者の皆様に納得していただけるものになっているか……不安もありますが、是非読んでいただけると嬉しいです。
ではでは


hina  2017年11月28日(火) 00:32 (Good:0Bad:0) 報告

今更だが、悟飯、トランクス、ピッコロ、クリリンが仲間同士で戦った場合何人くらいが視界に収める事が出来んるんやろうか?
初期のドラゴンボールの悟空vs天津飯の時でも当時の亀仙人の視界では捉えきれなかったのに、それよりも遥かに未熟なネギの仲間達だと何人位が悟飯達の戦いを見られるんやろうか?
流石に全員が全力戦闘を始めたら、全員がアウトな気もするが。

返信:カゲシン 2017年11月28日(火) 11:11

たびたび感想ありがとうございます。

戦いを『見る(視界に収める)』と『捉える』だと意味合いも変わってきますし(一挙手一投足とかそのあたりで)、難しいところではありますね。
名前を挙げられた四人のうちピッコロとトランクスがこの後準決勝で対戦するので、そこらへんの描写というかくだりは勿論入れようと思ってます。そこである程度今回の質問に答える形にできたらな、と。

ただ、最後の全員全力戦闘については、この場で迷わずはっきりと『全員アウトです』と答えられます(笑)


hina  2017年11月24日(金) 05:20 (Good:1Bad:0) 報告

メッチャ面白かったんですが、少し疑問に思ったこどが。

中国拳法使わなくても普通の肉弾戦で戦えるのでは?
クリリンはナメック星で気を最小に抑えて舞空術とか使ってたし、他の悟空達等も相手の力量に応じて気をコントロールして戦ったり出来るので、気を高めずとも普通に戦えるのでは?
特に今回の戦いはネギの魔力のお陰で基礎性能が上がってるんだからいつも気を高める事てパワーやスピードを高めていたのが魔力に変わっただけだから、気を高めず普通に戦えばなんとかなったんじゃないかと?
まぁ、飛び道具は出せないし気を高めた時より遥かに弱いって事だったのならどちらにしても苦戦はするんだろうけど、クリリンも武道家でなのだから当然気の修行だけでなく体術の修行もするわけで、同じ人間が使う武術である以上今まで積み上げて来た体術がダメで付け焼刃の中国拳法が有効だという構図がどうもしっくりきませんでした。

返信:カゲシン 2017年11月27日(月) 15:54

どうもhinaさん、感想そしてご指摘ありがとうございます。
クリリンが中国拳法を使ったのは『気を抑えた状態でのパワーの違い』と『少しでも気(力)を込めると逆にパワーが下がるちぐはぐ状態』が理由として挙げられると思います。

従来の気をコントロールする戦闘だと、『抑えてる今はどれくらいのパワーか』・『これだけ気を込めたらこのくらいパワーが上がる』の塩梅を十分承知した状態で行うわけですが、ネギが魔力を送り込んだことでそれがめちゃくちゃになってます。なので混乱も多いでしょうし、その対応に注力する割合が増えます。

そしてこれまで格下相手にしてきた気を抑えた戦闘も、『一切高めない』よりかは幾らか気を高めたうえでの戦闘ですので、戦闘そのものに『気を高める』がほぼ確実に付属してるんですよね。完全一定ではなく攻撃の一瞬なんかでも少しはパワー上げちゃうでしょうし。無意識に僅かでもそうしちゃえば今回は逆に下がっちゃうわけで。
そのためクリリンがすべきは、コントロール以前に気の扱いそのものをほぼ放棄することだったんです。

しかしこれまでの体術だと気のコントロールが染みついてて無意識にやりかねないし、とはいえ激しい戦闘中で意識的に放棄しようとすると技のキレを損なってしまう→一方の古の中国拳法は自身の体術と別系統の技として修練していて、気を乗せる操作の癖があまりついていないから放棄しても技のキレはさほど落ちない→だからこっちの方が比較的、あの状況下でフルパワーに近いパワーを振るいやすい
という感じでしょうか

(本来は習熟具合や気の乗せ易さもあって
 気+今までの体術>気+中国拳法 なのがネギの魔力のせいで
 気を一切使わない今までの体術>気を一切使わない中国拳法>気+中国拳法>気+今までの体術 になってて、左二つは変に意識して技のキレが落ちることも考慮すると不等号が逆転する可能性が高い)


以上、かなり長文になりましたが説明というか解説というか釈明になります。ここまでしなきゃ書ききれない辺り、自身の描写力不足であったり思慮の浅さであったりが露呈してて申し訳ないです。もう少しこういうのを後出しでなく、作品として形にする時点で洗練させて作中に出せればいいんですがなかなか難しいですね、精進しようと思います。

こういう鋭いご指摘をいただけると、書いたものを読み返したり自身の頭の中で組み上げてた設定を更に研鑽出来たりでとても有り難いです。重ねて御礼申し上げます。
現在書いてる楓戦はもう少々お時間をいただくことになりそうですが、必ず完成させて以後も続けていく気満々ですので、どうぞこれからもよろしくお願いします。ではでは


ただのはじめ  2017年11月05日(日) 16:26 (Good:1Bad:1) 報告

ネギのもはやバグと言われそうなくらいの魔法開発力でも、間一髪負けてしまいましたね。
気の操作が得意で、元気玉など外気を操る技の一端に触れた経験があったクリリンだからこその
紙一重の勝利だったんでしょう。
他の地球の武術家では、例え原理が分かっていても成す術もなく負けていたと思います。
ネギまとドラゴンボールの設定を上手く絡めたいい試合でした。

返信:カゲシン 2017年11月06日(月) 12:09

どうも、ただのはじめさん。再び感想ありがとうございます。
リメイク前とは完全別物になり0から書き上げたこの試合でしたが、ご満足いただけたようで何よりです。相手がクリリンだからこそ、の試合を書こうと思っていただけに、自分でもリメイク前とは比べ物にならない満足感でした。両作品の設定を組み合わせて、上手いこと噛み合った時はほんと書いてて楽しいです。
クリリン以外だと破るのが困難なのに加え、『密着して詠唱する必要がある』・『後々の回復前提とはいえ、その場で魔力の大部分を注ぎ込む』という扱いの難しさがありますが、今回限りにせず何処かでまた使わせたいですね。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。ではでは


さなー ID:vGLjWYD2  2017年10月22日(日) 16:12 (Good:0Bad:0) 報告

DB世界に他作品のキャラが行くクロスオーバー作品が見れてとても良かったです。
そういえばこの作品の時系列からしてボージャック一味は登場するのでしょうか。その辺りが凄く気になります。

返信:カゲシン 2017年10月23日(月) 11:15

どうも、さなーさん。感想ありがとうございます。
時系列的にはそうですね、映画だとボージャック一味が登場する「銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴」が今作の時代というか舞台になります。
一応出すか出さないかはもうプロット的に決まってるんですが、ネタバレ回避のためここでの解答は控えさせてください(リメイク前を知ってる読者さんには無意味かもしれませんが)、すいません。
しかし出る出ないの所謂分岐ポイントは決勝戦開始直後ですので、今書いてる準決勝戦を早急に仕上げ、その地点まで一日でも早く持っていこうと思います。もう少々お待ちください!
今後とも、ネギドラ!をよろしくお願いします。ではでは



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。