ムイシキデイリー
作者:失敗次郎

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

ß↓↓→!↑↑↑↑ ID:Vmwhshrs  2019年08月19日(月) 04:20 (Good:0Bad:0) 報告

面白い。書いてくれてありがとう。心からの感謝を


矢未  2019年02月27日(水) 03:31 (Good:0Bad:0) 報告

めちゃくちゃ面白かったです。
まさかこいしちゃんがここまで戯言シリーズとの相性の良さを発揮するとは予想外で、夢中で読みふけりました。
次回作、是非読みたいです。


ヒ ト シ キ  2015年09月20日(日) 21:59 (Good:0Bad:0) 報告

なんつーかまあ傑作だぜ お前らは何処まで行ってもかわんねぇんだな…
って俺が言えたもんじゃねぇな それこそ戯言だぜ
んじゃまた縁が«合ったら»

返信:失敗次郎 2015年09月20日(日) 22:57

《合ったら》また会おう。
人が簡単に変われるわけありません。
変われるとしたら、それは死んで何も考えられなくなった時ぐらいでしょうね。


無貌の屑  2015年08月17日(月) 03:04 (Good:0Bad:0) 報告

いやはや・・・ついに潤さんキターーーーーーーーーーーー!!!
これからが楽しみですねぇ、ええ、実に。
そして伝説の通りに建物(紅魔館)が倒壊してしまいましたねwww
これからも頑張ってください!

返信:失敗次郎 2015年08月17日(月) 08:47

感想ありがとうございます。
まーた建物壊してるよ、あの人。まあ、赤い紅魔館が悪い。哀川さんの目に留まる方が悪いんだ。
うん。

さて、次は久しぶりにバトル回。頑張っていきましょー。
そろそろこの物語も終わりに向かっているので、それまで応援よろしくお願いします!


ヒ ト シ キ  2015年08月04日(火) 12:46 (Good:0Bad:0) 報告

全く…俺ばっかり変態呼ばわりされるが欠陥製品の方が変態なんじゃねぇのか…?
崩子ちゃんにせよあの無意識にせよ…あいつはロリコンなんじゃねぇの?

なんで俺があう女は全員俺の心にダメージを与えるんだよ!おれのファッションに対して
お洒落頑張ってるとか言うんじゃねぇ!

返信:失敗次郎 2015年08月05日(水) 13:55

哀川さんに零崎がお洒落頑張ってると聞いて。

ロリコンというのは幼女が好きな性的倒錯者のことであって、ぼくには該当しないよ。
確かに幼い子、身長の低い奴にはよく会うけどね。君が言った崩子ちゃんやこいしちゃん、友に真心に姫ちゃん。
けどそんなのは偶々さ。偶然、縁でも合ったんだろう。運命に流していただいた結果さ。
なんて、戯言だけどね。


それはともかくご感想ありがとうございます。
ぜろりんにはいーちゃんの鏡としてご登場してもらいました。どうやって幻想郷に来たのかは知りません。現段階では考えてもいません。ただ忘れられたものが引き寄せられる場所ですから、それで来たのかもしれませんね。

なんつー傑作。


モロ星人  2015年07月24日(金) 23:33 (Good:0Bad:0) 報告

十全ですわ。お友達(ディアフレンド)?

いや本当に良い作品を読めました。
無意識、無為式。表裏一体では無く陰陽。
心が良い意味でざわざわする感じが非常に西尾氏の作品っぽさと東方っぽさが出ています。

『じゃ、また明日とか』

返信:失敗次郎 2015年07月26日(日) 16:27

感想ありがとうございます。
西尾維新先生に神主、彼ら二人には遠く及びませんが、少しでも近づけていると言っていただけるとは…………光栄です。改めて感謝の言葉を。
ありがとうございます。

ところで西尾維新先生とZUNさんらしさって何でしょう?
私はあまり意識してないのでよくわかりませんね。

戯言だったかな?


頃宮ころり  2015年07月23日(木) 18:56 (Good:0Bad:0) 報告

この作品との出会いという、いっそ神懸かり的な奇跡に感謝をば。
無意識でいて、そして無為式なコンビ。ありそうでなかった、しかしここにある作品。
とても、それはそれはとても琴線に触れました。
私が「今最も更新を心待ちにする作品は何か?」と問われれば、いの一番にこの作品を挙げることでしょう。

肝心の内容については、申し訳ないことに貧困な語彙では言い表すことが出来ません。
ただ良作である、と思わされるものでした。

以上、「ヨイショして上機嫌になった作者に続きをたくさん書いていただこう」作戦でした。
お後がよろしくないようで。

返信:失敗次郎 2015年07月23日(木) 20:31

その挑発、乗ってやろうじゃないか。

てなわけでご感想ありがとうございます。
モチベーションが上がってきたー、けど書き貯めがもうないんだなあこれが。申し訳ないことに更新はしばらくないものと思っていただきたい。

「書きたいことが多すぎてまとめられなくなってきた。ボロが出ないうちに早々に完結させてしまおう」

そう思ってた矢先にこれは卑怯ですぜ………。
期待には応えたいものですけどね。


wind  2015年07月20日(月) 21:21 (Good:0Bad:0) 報告

お、第二章が投稿されてる。やったぜ。

>妖怪ポリグラフ の相手の内面に切り込めるんだけど、最後の最後で発言間違えた、みたいな不穏な空気感。なんだか戯言アトモスフィアが感じられて楽しめました。
いつBADに転がるかヒヤヒヤしていたので、無事ハッピーエンドになって良かったです。
(こいしちゃんデッドオアアライブな二章から目をそらしつつ。)

返信:失敗次郎 2015年07月20日(月) 22:48

感想ありがとうございます! 励みになりますんで今後もご贔屓に。
戯言みたいな空気が出せているなら幸いです。

真面目な話はここまでにして。

うちのこいしちゃんはズタボロがデフォだから…………(震え声)
ほら、いーちゃんも病院が実家だったでしょう? あれのリスペクトですよー。


見習い  2015年07月20日(月) 12:05 (Good:0Bad:0) 報告

うーん、この見ているだけで不安定になるむいしきコンビ……。
最近公式のこいしちゃんがホラー要素強い上に、クロス先が先なんでむやみに不安を煽られる。

>>こいしちゃん視点も相当だろうけど。
無意識のみで動いてる人物の主観視点とは一体……?
真面目に考えると論文が書けそうな哲学的アトモスフィア。

返信:失敗次郎 2015年07月20日(月) 13:07

感想ありがとうございます! 
むいしき二人を上手く書けてる気がしませんけどね………。
あいつら、不定で不安なタッグですから。

どうしてこいしちゃんが無意識になったのか、それを(自己解釈で)考えてみたら場合によっては無意識じゃなくなるんじゃないかって思うんですよね。
原因があって結果がある。原因を取り除けば結果はありませんし、原因が変われば結果も変わる。
過程って大事ですよね。

その過程をろくに書かない作者の○○。


ハロルド  2015年07月14日(火) 03:48 (Good:0Bad:0) 報告

当然のように面白い。それが戯言と東方と存じます。
言いたいことは多々あれど、「物事は究極に近くなるほど陳腐になる」と言いますので、簡潔に。
ただ、「良い作品だ」と、言わせていただきたく。

では、次回更新、心待ちにさせていただきます。

返信:失敗次郎 2015年07月14日(火) 08:27

ご感想ありがとうございます。
やりたい放題の作品を「良い作品」と言われる日が来ようとは。
第二章から一話一話が長くなってるので前ほどの更新速度はちょっと難しいですが、あなたの期待に応えられるよう頑張ります。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。