推薦一覧
原作
表示 表示推薦のみ 全推薦
並び替え

※新規の推薦投稿は各小説の上部メニューにある「推薦」から可能です

推薦一覧(2233件)

情熱が伝わってきます

推薦作品:Muv-Luv 戦場に赴く少女達と人々の死闘 原作:Muv-Luv

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など

作者さんの好きなものがてんこもりになっている印象です。
オタク趣味が一般化している昨今、純粋に「好き!楽しい!」という気持ちは特に大事かなと思います。
▼読む際の注意事項など
元ネタ作品の知識はしっかり入れておいた方がいいかもしれません。逆に言えば、元ネタになっている諸作品の知識がそれなりにある人であれば確実に楽しめるのではないでしょうか。


あめあめあめ/2023年01月29日(日) 13:04/ (参考になった0ならなかった1) 


好き、好きなの…この小説…読んで…

推薦作品:追放されたら能力の真価が発揮されて俺だけセカンドライフがウハウハになった、の逆で冒険者としては完全無欠だったのに引退後の人生がハチャメチャになって終わろうとしている人たち オリジナルファンタジー/コメディ

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など

喜劇の嵐にしっちゃかめっちゃかに吹き飛ばされる作品
ジャンルはコメディ
世界観はギャグに振り切ったナーロッパ
(8行省略されています)


蒼牙/2023年01月29日(日) 10:42/ (参考になった1ならなかった2) 


原作のほのぼの感をそのままに主人公を溶け込ませた作品

推薦作品:きんいろモザイク ~plus α Road Days~ 原作:きんいろモザイク

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
きんいろモザイクに、小学校低学年の時に原作主人公の大宮忍の近所に引っ越してきた男の子が、アリスや陽子、綾といった原作キャラ達と日常を過ごす作品です。
女の子キャラが繰り広げるほのぼの作品に男性キャラを入れることで、原作の雰囲気が崩れてしまいそうなところですが、主人公が良い意味で癖がなく、忍達のボケにツッコミを入れたり、さりげない気配りができたり、忍に一途であったりするため、原作のほのぼのとした雰囲気を壊すことなく、自然と溶け込んでいます。

現在(9話時点)では主人公に明確な異性へ向ける好意はなさそう(?)でも、全幅の信頼を主人公に寄せている忍とのほのぼのした会話や、毎話ごとに数回は繰り広げられる綾との掛け合い漫才が魅力的です。
(3行省略されています)


タンポポ雲/2023年01月28日(土) 17:25/ (参考になった0ならなかった0) 


巧みに織り交ぜられた伏線に感嘆するしかない完成度を誇る古明地姉妹の原作前日談

推薦作品:Komeiji's Diary《完結》 原作:東方project

全30話の長編完結作品。古明地さとりに何があって地霊殿の主になったのか?を綴られた日記から探っていきます。

シリアスな作品なので、特に中盤以降読むのがきつくなる箇所が多々ありますが
完読した際の全ての謎が明らかになりまた最初から読み直したくなる程の衝撃がたまらない。
何気なく読んでいたあらすじ・各話タイトル・後書きの意味の全てに鳥肌がたつ程の作品です。
(23行省略されています)


夜市よい/2023年01月27日(金) 12:16/ (参考になった3ならなかった1) 


続いて欲しいリゼロ二次

推薦作品:親友とリゼロの世界に飛ばされたお話 原作:Re:ゼロから始める異世界生活

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
複数オリ主という形式を食わず嫌いしていた今までの自分を殴りたくなった作品。
二次創作でも難しいところである、オリ主のキャラの確立を、対比的な二人のオリ主を生かしてうまく行なっているように感じます。
読む側にストレスのない程度に、オリ主達が程よく一般人であるのもあり、非常に読みやすく、かつ飽きない展開で物語が進んでいる。
オリ主以外のキャラクターもそれぞれ立ち位置がはっきりしていて、読んでいてその存在が薄いと感じることもない。
(6行省略されています)


まにまの/2023年01月27日(金) 04:42/ (参考になった2ならなかった2) 


辛いけど感動する

推薦作品:ぼうきゃく・ざ・ろっく! 原作:ぼっち・ざ・ろっく!

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
高校入学前に事故に遭い記憶障害となって一ヶ月半が経過した後藤ひとりの物語。
第一話は虹夏達に出会った翌日から始まるのだが、その事が記してある日記を読むシーンが本当に素晴らしい。
バンドを組んで演奏をした。その最高の思い出も明日になれば何も覚えていない。だが何とかして覚えていたい、今後も虹夏達とバンドをしたいという苦悩が伝わってくる。
ぼっちの内面の描写がとても上手く引き込まれる作品になっています。
(1行省略されています)


kuomoto/2023年01月26日(木) 10:43/ (参考になった10ならなかった3) 


「R機」に情熱と健康を捧げた、研究者たちの日常

推薦作品:プロジェクトR! 原作:R-TYPE

▼あらすじ
「R機」。それは22世紀の人類が遭遇した、あらゆる物質に浸食・汚染する能力を持つ異形の生命体「バイド」に対抗するため、宇宙空間作業機を転用して開発された異相次元戦闘機。
そしてR機を開発した科学者集団「Team R-TYPE」。彼らはバイドとの戦いを終わらせるための単機突入作戦と並行して発動された“究極のR機”を開発する計画「Project R」の中心となった開発チームである。
彼らによって生み出された機体は確かな実績を成したものもあるが、およそ実用とはかけ離れた機体、あるいはパイロットの損耗を無視した機体、果てはどう見てもバイドそのものとしか思えない機体もあり、軍内部では狂気の開発者集団としても恐れられた。

(18行省略されています)


dhuran/2023年01月25日(水) 12:27/ (参考になった1ならなかった0) 


エイシンフラッシュの娘は一人前のウマ娘である。

推薦作品:エイシンフラッシュの娘。 原作:ウマ娘プリティーダービー

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
本作はダービーと天皇賞を制覇し両親紹介RTA記録を保持する名ウマ娘のエイシンフラッシュ、その娘であるオリジナルウマ娘のフラッシュアデリナの葛藤、焦燥、諦観、そして決断を描いたウマ娘プリティーダービーの二次創作である。
本作の特徴は、偉大なる母親の期待を受けながらも必ずしもトレセン学園への入学を希望していたわけでは無かった少女の揺れ動く心の繊細な描写にある。

フラッシュアデリナは父親でもあるトレーナーの指導の下でレースに挑むも勝利を得られず追い詰められて諦観を抱き、同室の未勝利ウマ娘に心を救われて遂に勝利を手にするがそれによって彼女の夢と願いを打ち砕いてしまい、得る物は少なく失うものは多いレースに疑問を抱き遂に引退を考え始める。
(16行省略されています)


唐牛健一郎/2023年01月25日(水) 10:08/ (参考になった1ならなかった0) 


たぶん彼らが見上げてたのはいつかの観覧車

推薦作品:追放されたら能力の真価が発揮されて俺だけセカンドライフがウハウハになった、の逆で冒険者としては完全無欠だったのに引退後の人生がハチャメチャになって終わろうとしている人たち オリジナルファンタジー/コメディ

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
この小説を語るには余りにも話が長くなってしまうので論文のように結論から話すと、この物語は遊園地である。
意味不明なので順を追って説明します。

担当する生徒の成績が終わっている魔法使い。
(13行省略されています)


チャボくん/2023年01月25日(水) 06:39/ (参考になった7ならなかった0) 


感情のあるキュウべぇ?

推薦作品:性格の悪いインキュベーター 原作:魔法少女まどか☆マギカ

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
魔法少女まどか☆マギカのキュウべぇことインキュベーターにもし感情のあるイレギュラー個体がいたら?それが物語に絡んでいたら?イレギュラー個体「ごんべえ」の存在による魔法少女たちの行動の違いや、ほむらの行動にも注目したいところだ、外伝作品と本編のクロスオーバー、ごんべえが辿った歴史の中のサイドストーリーも沢山あるよ!


▼読む際の注意事項など
本編まどか☆マギカや劇場版叛逆の物語だけでなく、多くの外伝作品の要素も出てくるのでそれを知らないと100%楽しめない可能性がある、また僅かであるが他シリーズ(主にFateシリーズ)の要素も含んでいるので注意。


常磐ウォズ/2023年01月24日(火) 16:36/ (参考になった2ならなかった1)