推薦一覧
原作
表示 表示推薦のみ 全推薦
並び替え

※新規の推薦投稿は各小説の上部メニューにある「推薦」から可能です

推薦一覧(1190件)

原作を知らなくても必ず伝わる『なおかわ』という不変の真理を皆さんにも知ってほしい。

推薦作品:隣の席の太眉乙女 原作: アイドルマスター

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
小難しい事を長々と語る気はないので短く説明する。この物語は所謂ラブコメである。主人公である二人の男女のもどかしく初々しい恋愛模様を楽しむものだ。高校生らしい、甘酸っぱい恋は見ているこちらまでもドキドキとさせられる。イベント毎の二人の進展にも注目してもらいたい。

そして文章や描写についてはただ一つ、伝えたい。

(17行省略されています)


insane/2018年07月20日(金) 18:01/ (参考になった3ならなかった2) 


好みが分かれると思います。

推薦作品:にわかヲタ転生日記~妹とアニソンを歌いたいだけの人生だった~ 原作:アイドルマスターシンデレラガールズ

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
転生もので、日記形式の作品です。ですが、毎話最初と最後にある各キャラクターの独白がとても良いです。
少し変わった日常物が好きな人におすすめです。

▼読む際の注意事項など
キャラ崩壊や勘違い要素(主人公)、転生等の万人受けしない要素があるので苦手な人は注意が必要です。


Alan=Smitee/2018年07月20日(金) 16:13/ (参考になった2ならなかった4) 


「 問題児たちが異世界から来るそうですよ?」」と「Fate/EXTRA 」のクロスオーバーです。

推薦作品:月から聖杯戦争の勝者が来るそうですよ?(凍結中) 原作:問題児たちが異世界から来るそうですよ?

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
Fate/EXTRA後に岸波白野(男)が箱庭を訪れる話です。最初白野は記憶喪失で、セイバーやキャスターを召喚し、聖杯戦争のことを思い出していきます。問題児達と白野達との絡みがとても面白いです。


▼読む際の注意事項など
この作品は「Fate/EXTRA」、「Fate/EXTRA-CCC」、「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」の三作品のネタバレを含みます。現在凍結中です。


Alan=Smitee/2018年07月20日(金) 15:55/ (参考になった1ならなかった3) 


ポケモンと人間が、互いに与え合う物語。

推薦作品:もしもし、ヒトモシと私の世界 原作:ポケットモンスター

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
この物語の主人公である化石研究員のアオイは、事故でポケモンを失ったことで病んでしまい、両足を動かせなくなってしまう。職場に居づらくなってしまった彼は、今いるシッポウシティから、シンオウ地方のハクタイシティへ移住する事を決めた。新しいパートナーのヒトモシや、ハクタイシティの住民とのコミュニケーションに、偏屈なアオイは四苦八苦するも良い方向へと進んでいる……はずだった。

話を追うごとに判明していく事故の真相や、特異な人間関係から起こるキャラクター間のすれ違い、アオイの幼馴染で同僚のパンジャが企てる謀。ポケモンの世界観や、ポケモンの個性特性が存分に活かされており、読みやすいです。よく話を練られていると感じます。オリキャラが多く登場していますが、どれもキャラが立っており魅力的で、原作キャラとの掛け合いも面白いです。

(3行省略されています)


Amashiro/2018年07月19日(木) 18:27/ (参考になった0ならなかった2) 


麦わらの副船長

推薦作品:麦わらの副船長 原作:ONE PIECE

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など


三兄弟の末っ子に転生した男の話
隠された出生の秘密それによるトラブル自らのコンプレックスにもんもんとする主人公
(3行省略されています)


ゆみやら/2018年07月18日(水) 22:20/ (参考になった3ならなかった4) 


出来れば、完結してから一気読みしたい作品

推薦作品:禍の団の二天龍たち 原作:ハイスクールD×D

D×Dの作品は色々見てきましたが、一番好みな作品。イッセーがアンチヒーローで、ある意味原作を完全否定するような作品。それゆえに原作とは違った爽快感があり、好みが別れるとは思いますが、ハマる人には堪らないと思っております。原作を知っているなら一読の価値あり。ちょっとだけ見て判断するのも良いと思います。これからの展開が楽しみです。応援してます。頑張って下さい


ハラシキア/2018年07月17日(火) 02:36/ (参考になった10ならなかった10) 


普通科高校の吉良吉影

推薦作品:吉良吉影のヒーローアカデミア 原作:僕のヒーローアカデミア

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
文章にちょいちょいジョジョネタが入っていて面白い部分は面白い。またヒーローにもヴィランにもならないってのは他の同系統作品と比べて吉良吉影の性分を忠実に再現してるとも言える。

▼読む際の注意事項など
吉良吉影の最大の特徴である特殊性癖と殺人衝動に関しての言及が今の所ないため、それ無しの吉良吉影なんて有り得ないって人は読まない方が懸命だと言える。または彼が何故か頑なにアイデンティティを保持しようとするので、意味不明過ぎて逆に面白い。という感性が理解不能な人にもオススメしない。


じょんがり/2018年07月16日(月) 22:31/ (参考になった3ならなかった9) 


BLEACH 一護とセンナ

推薦作品:After of Memories of Nobody 原作:BLEACH

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など

感動の出会いが(๑´ω`๑)♡キュンとくる!
描写は見ててそそられすぎて最高
ストーリーは記憶も存在も別れたはずなのに運命の再開かな。気になる人は読んでくれマジで!これは評価されていい!
(4行省略されています)


UTAHA/2018年07月16日(月) 21:06/ (参考になった1ならなかった8) 


サクっと読めて、爽やかな読了感を味わえる作品

推薦作品: 観光客の金髪美少女に温泉の入り方を教えてみた 原作:オリジナル

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など

ストーリーは、素晴らしいの一言につきます。
短編小説ゆえに、詳しく書くとネタバレになってしまうと思いますので作品を読んで貰いたいと思います。

(12行省略されています)


文学にラノベを!/2018年07月15日(日) 16:46/ (参考になった9ならなかった2) 


精一杯生きたユウキの話。

推薦作品:ユウキに転生したオリ主がSAOのベータテスターになったら 原作:ソードアート・オンライン

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
タイトル詐欺。最初に思ったのはその言葉だった。いや、別に本当にタイトル詐欺な訳では無い。寧ろ1ミリの語弊もないタイトルだろう。ただ私が思ったのは、「この地雷臭溢れるタイトルでこれだけ感動する作品を書いたのか。」という事だった。
正直私にとってもこの題材は地雷だった。それはもうとてつもない地雷だった。だが、読んでみて私の中で別の何かが爆発した気分だった。

この物語はユウキに憑依した人の物語である。だが、ユウキからの視点ではなくキリトやアスナ等のsaoの登場人物の視点から描かれている。そこに描かれている「ユウキ」は、いつも活発で、明るく周りに元気を振りまくような存在。偶に意味のわからない言葉を発するけれど、みんなに愛されている。そんな1人の少女だ。
(4行省略されています)


:木蓮:/2018年07月14日(土) 03:01/ (参考になった60ならなかった6)