速水龍一で始める『はじめの一歩』。
作者:高任斎

▼感想を書く

感想

ルアベ  2018年09月08日(土) 23:01 (Good:1Bad:1) 報告

ヴォルグが勝ったか。てっきり伊達が勝つかと思っていた。

ヴォルグが勝ったことは嬉しいが、これで伊達のリカルド戦での強さが見れなくなったのは残念だな。

伊達は引退だろうけど、ちょっと延期して主人公のスパーリングパートナーを務めてくれないかな。いや無理か。

次回の更新を楽しみにお待ちしています。


無知無学  2018年08月28日(火) 18:18 (Good:12Bad:5) 報告

読み返して気づいたことが……
鷹村より先に青木が王者と戦うことになったんじゃ……
八つ当たりされないといいなぁw

-追記-

原作の初期のころの記憶が薄れてて忘れてました、
すみません。

返信:高任斎 2018年09月04日(火) 01:15

感想ありがとうございます。

一応、原作の流れはそのままと言うか……世界戦はともかく、鷹村はもう日本王者になってます。
えーと、この話を原作に当てはめると、今は一歩がヴォルグに勝ったあたりですね。
鷹村が日本王者になったのは、一歩が新人王戦を戦っていた頃……なので、物語の中では去年のことになります。

なんか、ややこしくなってきた……。(笑)

追記。
いえいえ、私も原作を読み返して、時系列に並べて確認したりしてますから。
そして時折、頭を抱えたりしてます。(笑)


世界一位  2018年08月15日(水) 18:05 (Good:12Bad:2) 報告

強い女性に人気なイケメンボクサーってスポンサー的に、どんなに活躍してもアイドル扱いしかしなさそう。
イケメン選手の容姿ばかり取り上げるリアルのマスコミ見てるとそう思う。
そして負けるなどして商品価値が落ちたらポイ。ハンカチ王子とかその典型。

返信:高任斎 2018年08月28日(火) 04:07

感想ありがとうございます。

興味を引くために、まず外見ありきの紹介をするようになったのって……いつからだったかなあ。
『美人すぎる』とか言うフレーズよりも前だった気もしますが。

ハンカチ王子は……投手はマウンドで、タオルなどで汗を拭いたらいけないというルールを知っている人間としては、存在が謎でしたね。
昔は、ユニフォームの袖はもちろん、帽子のつばを指先で触れても審判から注意されるのがデフォルトでしたから。


あんべ瀬木帆  2018年08月13日(月) 10:22 (Good:16Bad:1) 報告

青木のやったことは、相手の心理の裏をついて撹乱という点では宮田戦の速水とそんなに違わないのに、この観客の反応の違いよ……なんでや!

予想外の原作ブレイクですが、次戦の結果によってはさらに、この世界での今江戦が、今江が挑戦される側ではなく、する側になる可能性もあるという……

さらに、鴨川ジム内の序列が鷹村の次、一歩や木村より上になって、青木のセコンドが鴨川会長に、一歩のセコンドが篠田さんになる可能性もあるという……

……速水の飴玉のせいで(わなわな)



木村は、相手が悪かった。

冴木は……うん、(ヴォルグが勝つって)知ってた。読者も、作中キャラも、みんな……。

返信:高任斎 2018年08月28日(火) 03:57

感想ありがとうございます。

冴木は、どこかで格好いい場面を与えてあげないと……。


家の猫は二匹だけ  2018年08月13日(月) 08:52 (Good:30Bad:0) 報告

ヴォルグは早目に結果出してお金を稼げば、お母さんの病気治療をして長生き出来るようになるかもしれないし、そういう意味でも躓く事なくチャンピオンになってもらいたいよね。伊達さん、スマン(笑

速水は速水で原作当時の一歩も勝てた真田相手だから、世界王者を目指すならこっちも躓けない。何より一歩と世界タイトルをかけて対戦する約束もしてるから(勘違いだけどそうなってもらいたいからよし 笑)、速水のなかでは最低でも世界タイトルの二階級制覇をめざしてるわけだし、ジュニアフェザーの世界タイトルは早く取らないと原作一歩と宮田みたいにすれ違いがおこりそう。

返信:高任斎 2018年08月28日(火) 03:55

感想ありがとうございます。

ヴォルグのお母さん、何の病気だったんだろう?
ヴォルグは、『腰が悪いのです』とか言ってるけど……リューマチ?

鴨川会長:「ほう、小僧が……世界を目指してがんばりますと言いおったか」

誤解の輪が広がっていく……。


白虎野の息子  2018年08月13日(月) 04:18 (Good:2Bad:0) 報告

ボクサーがリングに持ち込める、持ち込む物のところで
新井英樹氏のSUGAR、RINを思い出しました。

はじめの一歩では、抱えているものが大きいほど強いといった精神論、根性論的な描写がなされる一方、それを踏み越える才能の重要性も描かれていました。

本作の主人公である速水はリングに何かを持ち込むのか、ボクシング以外の全てをリングの外に追いやることになるのかは分かりませんが、後悔の少ない選択肢を進めるよう祈っています。
(後悔が無いとは言わない)

返信:高任斎 2018年08月28日(火) 03:53

感想ありがとうございます。

あぁ、懐かしいネタが。
私も読んでました。

ヴォルグはもちろん、速水も前世の経験があるとはいえ1人の人間に過ぎませんからね。
正解と間違い、そしてどちらかわからない選択を繰り返しながら進んでいきます。


morisio  2018年08月13日(月) 02:43 (Good:13Bad:0) 報告

ヴォルグは原作と違って順調に進んでますが、
特に重要なのは速水によって精神的な負担が減っている事でしょうね。
原作では常に背水の陣というか、張り詰めていた感じですけど
この世界では少なくともプライベートでは心に余裕が出来ている感じがします。
ファイトスタイルも無理矢理変えている感じもしませんし
伊達戦がどうなるのか今から本当に楽しみですね。

返信:高任斎 2018年08月28日(火) 03:51

感想ありがとうございます。

伊達戦をお楽しみに。
試合の日に、雪を降らそうかどうか悩んでます。


huntfield  2018年08月13日(月) 00:57 (Good:0Bad:0) 報告

リングにカエルは二匹い──ない。

返信:高任斎 2018年08月28日(火) 03:49

感想ありがとうございます。

幻のデンプシーカエルが!
右から左から、ぴょこぴょこぴょこ……絶対、連打にならない。


ユウリィ  2018年08月13日(月) 00:32 (Good:1Bad:0) 報告

最近メディアイベントについて勉強したから読んでいて楽しい

返信:高任斎 2018年08月28日(火) 03:48

感想ありがとうございます。

最近はメディアのあり方も変化してきたので、興味深いジャンルだと思います。
しかし、考えてみると1990年頃って、もう30年近く昔になるんですね……。


烏賊様刻  2018年08月13日(月) 00:02 (Good:2Bad:0) 報告

最新話読みました。
ヴォルグが勝って木村が負けるのは順当という感じでしたがまさか青木が勝つとは!
ライト級のチャンピオンは原作と同じなのかな?
続きも楽しみにしてます。

返信:高任斎 2018年08月28日(火) 03:46

感想ありがとうございます。

あ、この時期は今江が王者ではない予定です。
一歩が真田とやったチャンピオンカーニバルの1年後が島袋との試合で、青木さんが今江とやったのはこのタイミング。
つまり、今は原作で一歩と伊達が戦った時期で……その2年後に、今江がライト級の王者にいる。
2年間ベルトを保持していたイメージはないかなと考えました。



感想を書く
ログイン状態でのみ感想の投稿が可能です
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。