見つけられなかった私の戦車道
作者:ヒルドルブ

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

GURI  2020年02月11日(火) 17:04 (Good:2Bad:0) 報告

どんなに実戦性を謳っていてもルールが有るならスポーツ、スポーツなら安全性の確保は、大前提、ヤイカの言っていることは間違っている。
そもそも実戦は文字通りのなんでもあり。某魔術師も「手段があるのにやらないのはバカ、引っかかるほうがマヌケ、それが戦争」と言っている。


獅子満月  2020年02月11日(火) 09:27 (Good:2Bad:0) 報告

ヤイカさんやタンカスロンは死者が出たからおとりつぶしになったんですやん。
それで辛酸舐める羽目になって激怒したのに自分達も犠牲(死者)が出てでも勝ちに行くっていうのはおかしいんでない?
ガルパンにそういう思想の人間は多いみたいですが(某地吹雪や師範代)そうなったら戦車道が更にマイナーになってしまうと思うんですが…。
何が悲しゅうて死の可能性があり、且つ、それでも勝つためなら仕方ないみたいな思想集団の所に自分の娘を預けるんだか…。


tora ID:m7Nw0jMM  2020年02月04日(火) 16:11 (Good:2Bad:0) 報告

 最新話はスポーツあるあるネタがてんこもりでしたね。
過激化したインディー路線が危険性を理由に規制食らったり、
引退した人がもっとやれたんじゃないかと周囲から言われたり、
傑出した天才を中心にしたチームが中核が去った後に焼け野原になったり…

 個人的に、ケイの才能は替えのきかないものであるとは思いますけど、
 こういった資質を備えた人でも、個人成績が振るわなくなるとわりとあっさり引退
することが多いですよね。というか、面と向かってそういう能力を当てにしている
と言われると、むしろ嫌な顔をするイメージがあるんですが。
 まあ、結局周囲の雑音は気にしすぎないほうがいいですよ。もっとやれただの、
あるいはまだやるの?だの外野はいつも後出しジャンケンと手のひら返しですから。


障子から見ているメアリー  2020年02月02日(日) 23:23 (Good:0Bad:0) 報告

クッソキツイです…。まほ→角谷杏→ペパロニ&アンチョビ→カルパッチョ…。このリレーはどこまで続くのでしょうね?


障子から見ているメアリー  2020年02月02日(日) 20:31 (Good:0Bad:0) 報告

「千代美お姉ちゃん」の単語が出るまでは、ドゥーチェのお墓に行くのか、あるいはみほが幼児退行した話かとビクビクしながら読んでいました^^;個人的に愉悦に浸るにはあまりにも陰湿な設定ですのでニヤニヤできませんでした。
一応みほちゃんが救われた話でしたのでまずはほっとしましたね。それと同時に廃れてしまえ戦車道。と心から憤慨しました。もういっそのこと軍事教育にして人殺しの術を叩き込むようにしてしまえと思いましたね。


LDLC ID:ceykgXbw  2020年02月02日(日) 14:16 (Good:2Bad:0) 報告

おおんまた一人死人が…自業自得でもあるとは言え
タンカスロンはスケープゴートで潰されて大人はズルいなあ!

申し訳ない?とんでもない、「幸せだけ描いたお伽噺」も「奇跡だけで出来た完全結晶」もないんですよ
どんどんやっちゃって下さいよ、その方が今までの流れに沿っているってもんです

おケイさんが悩むのはよくわかりますし、正しいものの見方ですね
でも、大事なのはどう判断するか?ではなく、その判断に殉じられるか?ではないでしょうか
だからみほは正しくないし、ヤイカもまた間違っている面があると思います
勝つために犠牲は付き物、勝負は結果が全て、その通りです
だが負けたら無意味、これは絶対に違う
何故なら、その勝負までに費やしてきた全て、言い換えれば犠牲が今その時の己を形作っているのだから
そうして辿り着いた判断に正誤を付けるのではなく、正解だったと胸を張るためにベストを尽くす、人に出来るのはそれだけです
そうやって自分に殉じ続けていくことで磨かれた感性だけが掴み得るチャンス、それが俗に言う勝利の鍵と言うものではないでしょうか

古の言葉曰く『夢見たものが手に入るんじゃない、一歩ずつ積み重ねたことが手に入るのだ』


ペラペラ人生  2020年02月02日(日) 13:19 (Good:2Bad:0) 報告

タンカスロンなんて過激な競技で、人一倍戦好きな人だったから重体になるかもとは思っていたけど、死んでしまうとは。
戦車道では西住流の娘が、タンカスロンでも死者が出た時点でガルパン世界のネットは荒れてそうだし、子供のいる家庭で戦車道やりたいと言えば猛反対するだろうな。


ヴュルガー  2020年02月02日(日) 08:51 (Good:5Bad:0) 報告

この話のヤイカは、コミック版のアンチョビ+利根川幸雄という感じですね。
負けたから間違っていたという所なんか、利根川の『ドジャースの野茂、将棋の羽生、イチロー……彼らがいま脚光を浴び、誰もが称賛を惜しまないのは、言うまでもなくただ彼らが勝ったからなのだ……!』云々という台詞そのものだし。

勝利を捨ててまで仲間を助けに行ったとしても、あの子たちは喜ばないというヤイカの言葉に嘘はないのでしょう。ですが私には、たかだかスポーツで勝つために自分や仲間が死んでもかまわないというその思考回路はカルト集団そのものとしか思えない。
勝利のために仲間を犠牲にするなんて本末転倒だと絹代に諭したアンチョビだったら、ヤイカの言葉にどう答えるのだろうか……。

かつて愛読していたライトノベル『私闘学園』シリーズで、主人公の師匠が「格闘技者に最も必要なものは常識だ。たかが格闘技のために、他人と憎み合ったり争ったりして何になる。そんなことになったり怪我をするくらいなら、格闘技なんていつでも止めてしまえ」(大意)と語る場面が印象に残っているのですが、ヤイカといい西住流及び黒森峰といい、今作のキャラクターは陰の方向にばかり常識をぶん投げてるんですよね……。


DANGO  2020年02月02日(日) 05:04 (Good:6Bad:0) 報告

しずか姫が死んだって、マジでどういうことだってばよ(;゚Д゚)?あの戦闘狂なら戦って死ねるなら
笑って死んでいきそうだけど、残された身からすればやり場のない憤りが募るばかりでしょう。
しかしヤイカよ、私や私の仲間は勝つために犠牲となる覚悟があるみたいな事言ってるけど
皆が皆そう思ってるわけないだろうし、それで仲間が死んだ場合世間がどう受け止めるか考えてみなよ。


ディアーチェ  2020年02月02日(日) 01:48 (Good:0Bad:1) 報告

しずか姫!!?(゜д゜) ……な、何があったんだ(恐)



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。