モンスターハンター Re:ストーリーズ
作者:皇我リキ

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

感想

リュウティス王子  2018年07月19日(木) 22:31 (Good:1Bad:0) 報告

いやはや、感動的すぎるぜ!!!

返信:皇我リキ 2018年07月20日(金) 00:51

そう言って頂けるととても嬉しいです!

続きも是非楽しみにして頂くと幸い。
読了共に感想ありがとうございました。


グレーテル  2016年10月31日(月) 21:45 (Good:2Bad:0) 報告

初めまして。しばりんぐさんのオススメとの事で読ませて頂きました。
巷を騒がせているモンスターハンターストーリーズの二次小説、中々に挑戦的な試みですね。作中では各キャラクターの一人称視点で進んで行く形でしょうか。キャラクターもそれぞれ特徴が良く出ていると思います。

元ライダーの現役ハンター、アラン。どことなく、彼は二つの気持ちの板挟みに会っているように見えました。ハンターとして武器を手にモンスターを討ち取る一方で、深い憎しみを持ちながら過度の殺生を避ける。ともすれば傷付いたモンスターの傷を診ているなど、相容れないのだと言っている、あるいは言い聞かせているのにどこか諦めきれずにいるように感じました。

そして、まだまだ幼さの残る村付きのハンター、ミヅキ。ロアルドロスに手を焼いていた事、ジャギィ装備やアシラ装備が精一杯の様子からハンターとしてはもう少し何かが欲しい所ですね。アランとの出会いと彼の経験談から学ぶ物があれば、磨けば光る逸材になる予感がしますね。

持ち前の賢さと器用さで数々の便利道具を使いこなすムツえもんことミヅキのオトモ、ムツキ。ミヅキの幼少期の出来事を知っている事から、彼女とはかなり長い付き合いである事、何度も彼女の支えになってきた事が伺えますね。狩りでも日常生活でもハンターを助けるその姿、まさにオトモの鑑でしょう。

ラギアクルスの出現やジャギィ達のボス、アッアッアオーウ!ヘェーイ!さんの傷口から出てきた謎の牙など、孤島では何かが起こっている様子。最後に出ていたダイミョウザザミとの一件もこの事件と関わっている気がしますね。今後の展開に期待です。

返信:皇我リキ 2016年11月01日(火) 01:11

とても嬉しい感想ありがとうございます!

ストーリーズの二次創作、探してみたけど殆ど無いんですよね……。
私は結構好きなので残念だったりします。

キャラクター皆の事に触れてくれて嬉しい限りですm(_ _)m

アラン
過去に何かあったのは、間違い無いですね
その出来事が重なり合って彼の中で迷いが生じてるんだと思います
ミズキもそうですが、彼もこの物語で何かが変わったり彼自身の迷いに答えを見つけ出す事が出来るかもしれません

ミズキ
典型的な、駆け出しハンター
ハンターとしては優し過ぎる面もあったりします。が、まだ描写が無くとも一応アオアシラをなんとか倒せる程度にはハンターとして活動してるみたいです
しかしやっぱり駆け出しをはみ出なければ、実力もそこそこの模様
アランとの出会いで彼女がどう変わっていくのか、楽しみにして頂けると幸いです

ムツキ
村のハンターのオトモをしているメラルー
ミズキとは長い付き合いになるようですね。彼女との出会いもこれから描かれるかもしれません。
ネコ、良いですよね。頼りになる相棒のイメージなので、今後の活躍にご期待下さいm(_ _)m


さてさて、再びモガの森に異変が起きているようです
勿論モガの森のモンスター達もこの異変に巻き込まれ、関わっていきます

ご期待に添えれば幸いですが、私は不安なので……過度な期待はNGで←
頑張りますので温かい目で見守ってくれるとありがたいですm(_ _)m


嬉しい感想ありがとうございました!!


全話感想

沙希斗  2019年03月17日(日) 15:01 (Good:0Bad:0) 報告

こんな、展開になるとは……!

今回は今まで以上に鬱な話でしたね。
読んでいるこちらも心苦しかったです。

カルラは、本当に死んでしまったんだろうか。
そして、黒幕がまさかの……!?


もしかしてミズキに宿るものが「怒隻慧」だというのも関係がある?
最終章で、多分明らかになっていくのでしょうね。


零樹  2019年03月17日(日) 01:20 (Good:0Bad:0) 報告

ついに最終章か、ここまで長かったなぁー、怒隻慧との関係が分かるのか、はてさてどうなることやら。


ゴクウブラック5930  2019年03月04日(月) 03:14 (Good:1Bad:0) 報告

………………。
更新お疲れ様です。

かなり色々ありましたが、最も気になるのはやっぱり怒隻慧ですね。
これはただのモンスターで終わりそうにありません。

カルラ…
案外好きなキャラだったんですがね()

返信:皇我リキ 2019年03月17日(日) 01:22

怒隻慧との決着がどう進んで行くのか、楽しみにしていただければ幸いです。カルラは……まぁ、ある意味前に進めました。彼は……。

読了共に感想ありがとうございました!


Gene ID:vhJ5b1Hc  2019年03月03日(日) 20:34 (Good:1Bad:0) 報告

更新お疲れ様です。
絆石は相手とのコミュニケーションツールでしかなく、結局は本人次第だったわけですね。
アランがライダーの道に背を向けたとはいえ、生きて目的を果たすために「使えるものは最大限に使う」というハンターの大原則を駆使した事は間違ってないでしょう。その目的が破滅的なモノじゃない限りは。そして、カルラのその後は果たしてどうなるんだろう…。

一方で、登場時のあの怒隻慧の笑い方がほぼヒトのソレだったのが気になります。
原作以上の不穏な気配がヒシヒシと感じられますが、次回も楽しみにしております。

返信:皇我リキ 2019年03月12日(火) 20:18

絆石の解釈ですが、ゲームモンスターハンターストリーズの設定をそのまま流用しています。ゲームでもその辺りは強く書かれていて、私自身も書きたい事だったので書けてよかったです。

ハンターとして生きる事を選んだからなりの戦い方、そしてライダーだった彼の戦い方。
同じくハンターとしてギルドナイトになったカルラですが、彼は最後までライダーとして戦っていました。その過程や結果の意味を考えてもらえるとまた少しだけ面白いかもしれません。そしてカルラの結末は、次回をお楽しみにして頂ければ……。


5章が終わり次第、最終章に入りついに怒隻慧とも本格的に関わり始めます。次回は5章エピローグ。たのしんで頂ければ幸いです。

読了共に感想ありがとうございました!


沙希斗  2019年03月03日(日) 15:47 (Good:1Bad:0) 報告

これでカルラも「前に進める」んだろうか。
サクラも、ジョー君も、生きていて欲しいです。

返信:皇我リキ 2019年03月12日(火) 16:10

前には進めた筈です。その先に何があったのかはさておき。

読了共に感想ありがとうございました。


沙希斗  2019年02月17日(日) 16:50 (Good:1Bad:0) 報告

流石にミズキでは「ライドオン」は無理だったか……。

「怒隻慧」の行動が明るみに出て、ますます「彼女」の謎が深まりましたね。
「全ての元凶」だと思っていたものが、もしかしたら違うのかもしれないという展開になって来ました。
先が楽しみです。

返信:皇我リキ 2019年03月02日(土) 22:55

ミズキはその道を歩かないようですね。これは、作品を書くプロット段階で決めていた事なのでやりたかったお話でもあります。

さて、怒隻慧は何者なのか。カルラとの決着がつき次第そのテーマにも触れていくので、楽しみにして頂くと幸いです。読了共に感想ありがとうございました。


沙希斗  2019年02月03日(日) 15:47 (Good:1Bad:0) 報告

耳掻き(耳垢を取る行為)というのは、逆に耳垢を耳の奥に押し込めたり耳の中を傷付け兼ねないので素人はやるべきではないと今では言われています。
でもイチャイチャ出来るからやっちゃうんだろうなぁ(笑)

久しぶりのウェイン君の弾丸トークが聞けました。
探り方も「彼らしい」ですね。
結果として子守り役を押し付けられるハメになってしまいましたが。

冒頭の部分、アランの心境を書いているのかと思いましたが違ったんですね。
読み進めて「あぁ、そうだったのか!」と思いました。
あの心境描写が二頭の二つ名モンスターの戦闘シーンに重なる演出は憎いと思います。


アラン、「あのレウス」かもしれない「隻翼」を殺せるんでしょうか。
「前に進む」ためにはそうするしかないのでしょうか……。

返信:皇我リキ 2019年02月17日(日) 10:21

ほへーーー、そうなんですか。初耳です。
でもイチャイチャといえば耳かきですよ!モンハンの世界に耳かきがあるかどうかはさておき。


ウェインも久々の登場ですが、こちらでの扱いはやはりこんな感じですね。


あれは二重演出になってるんですよね。気付いてもらえて嬉しいです。
さて、アランはどうやって前に進むのか。楽しんで頂ければ幸いです。

読了共に感想ありがとうございました。


沙希斗  2019年01月20日(日) 17:04 (Good:1Bad:0) 報告

アランこんなになっても死なんとは、しぶといな(誉め言葉)
間に合って良かったです。

話としては今回はありがちな展開だなとは思いましたが、「アザミちゃんの答え」を出させるには分かりやすかったと思います。
雛たちは放って餓死させるのではなく、「答えを出した」アザミちゃんと一緒に手に掛ければ良かったのに。
「死なせる事を選んだ」のなら「そうしてやる」べきではと思いました。

でも、「自然に任せて殺す」のも一つの選択ですもんね。


次回はとうとうカルラ君が「動き」ますか。
頑なだなぁ彼も。

返信:皇我リキ 2019年02月03日(日) 01:03

良い鍛え方してたんですね!

雛に関しての返答ですが、雛はアザミと同じ境遇なんです。それを踏まえると、アザミの行動の意味も分かってもらえるかな……?


さて五章も残るはカルラとのお話のみとなりました。楽しんで頂けると幸いです。
読了共に感想ありがとうございました。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。