見つけられなかった私の戦車道
作者:ヒルドルブ

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

サイドショー・ボブ  2020年01月01日(水) 16:26 (Good:1Bad:0) 報告

あけましておめでとうございます。
みほの言う通り生徒会っ役員の次に悪人ではないかと本編見直しつつ今回の話を見ながら思えますね。誰だってあんな局面かつ責任背負わされて何とかしろ言われたら嫌になりますよ・・・傷心状態のみほは大洗やしほの元よりアンツィオ高校なら傷が言えるでしょう。しほさん、親としてそれはあんまりだ・・・

返信:ヒルドルブ 2020年01月11日(土) 17:12

感想ありがとうございます!
そして遅くなりましたが明けましておめでとうございます!

私としても原作アニメの1話を見るたびに生徒会の面々の行いには釈然としない思いを抱くのです。
アンツィオ高校はアンチョビ以外も皆気のいい奴らですし、きっと心の傷を癒すには最適かと。
しほさんは最後まで親としてみほに接することはできませんでした……。


ヴュルガー  2020年01月01日(水) 15:04 (Good:0Bad:0) 報告

みほがアンツィオに転校する二次創作はいくつかありますが
アンチョビの義妹になる展開は初めて見ました。

これは突然血の繋がらない美少女のお姉ちゃんができちゃった
アンチョビ弟主役のラブストーリーの始まりですね間違いない。
気になる義姉の抱える深すぎる心の傷を知ってしまったアンチョビ弟が
少しでもみほの支えになれればと奮闘努力するわけですよ。
そして、紆余曲折あったけど両想いになって幸せな家庭を築くんですよ。
その過程で、しほやまほもみほに謝罪して和解するんですよ。

手前勝手な妄想をしてしまいましたが、このルートのみほにはそれくらい
幸せになってほしいのです。
幸せになれなかった、他のルートのみほの分まで。

返信:ヒルドルブ 2020年01月11日(土) 17:06

感想ありがとうございます!

実は続きを書くとしたらアンチョビとみほのラブストーリーを考えていたんですが、確かにアンチョビ弟もありですね。
実に妄想を掻き立てられます。
とはいえ書くとしたら弟の名前やら性格やらを考えるところから始まるので書くのは大変そうですが。

このルートのみほはきっと他のルートのみほの分まで幸せになります。
というかアンチョビが幸せにしてくれます。


take_2  2019年12月31日(火) 23:51 (Good:0Bad:0) 報告

全部読んだ上で書いてますが、

「みほの戦車道」は”勝つことよりも大切なものがある”戦車道だから、本来は『負けても問題が無い』はずなんですよね

結局、大洗が、黒森峰と同じように「勝つことを優先する」戦車道を押し付けてしまったという

決勝戦は”西住の戦車道”(勝つための戦車道)であって”みほの戦車道”じゃない、と、誰かが言ってあげれば良かったかも

……転校先が知波単だったら、みほは何の問題もなく幸せになっていただろうに
(あそこは、”勝利より、まずは満足のいく突撃を”だからみほとうまく噛み合った気が)

返信:ヒルドルブ 2020年01月11日(土) 17:01

感想ありがとうございます!

みほの戦車道は黒森峰とは根本的に相容れないものでしたが、実は大洗とも本来は相容れないもののはずなんですよね。
原作だと勝って廃校もなくなって全部上手く行ったから良かったですが、一歩間違えればこうなっていた、というのがこの小説ですので。
アンツィオにみほが転校する話はいくつか知っていますが、確かに知波単でも上手く行きそうですね。


LDLC ID:ceykgXbw  2019年12月31日(火) 23:18 (Good:2Bad:0) 報告

この世界ではこういう形でしかみほは幸せになれないとは、全く幸せは犠牲なしに得ることはできないのか
それにしても家元もまほも、自分達の弱い心を責任感にすり替えるのは止めて欲しいですね
自分が西住流であることに後悔したくない生き方をすることが、すなわち西住流に恥じない生き方だと気が付いて欲しいものです

感想はちとささくれだっちゃいましたが、今年最後も楽しく読ませてもらいました、ではよいお年を

返信:ヒルドルブ 2020年01月11日(土) 16:55

感想ありがとうございます!
そして遅くなりましたが明けましておめでとうございます!

犠牲なくして幸せを得ることはできない辺り、みほの人生はハードモード過ぎる。
果たしてしほさんとまほがそれに気付ける日は来るのか。
この世界線だとみほは生きているので望みはありますが、本編の世界線だとみほが死んでいることを考えると難しそうです。


黒木特佐 ID:ATrY8kXs  2019年12月31日(火) 22:02 (Good:5Bad:1) 報告

お疲れ様でした。

「安斎みほ」ルートですか。
みほが自殺せずアンチョビの義妹として生きていく結末も悪くないです。
アンチョビは皆の姉さんみたいな人ですからね、みほも安心して暮らせると良いですね。

ただ西住しほさんよ、もう少し考えて言いましょうよ。
家元としてではなく元母親としての言葉を送るべきだったと思ってます。
それが出来ないアンタは家元以前より人間失格ですよ。

>>どうか奥様のことを責めないであげて下さい
いや、そういう訳にはいきませんよ菊代さん。奴にはそれなりの報いを受けなければ気が済みません。

来年もよろしくお願いいたします。ではよいお年を。
次回の更新楽しみにしてます。

返信:ヒルドルブ 2020年01月11日(土) 16:52

感想ありがとうございます!
そして遅くなりましたが明けましておめでとうございます!

きっとアンチョビの下でならみほも幸せに暮らしていけると思うのです。
しほさんは結局最後まで家元としてしかみほと接することしかできなかったですね。
最後くらい母親として声を掛けてあげればいいものを、とは思うのですがどうしても西住流としての立場を捨てきれなかったのです。
菊代さんはみほにもしほさんにもどちらにも味方してあげたいのでしょうが、流石にフォローしきれませんでしたね。


LG21  2019年12月31日(火) 21:49 (Good:2Bad:0) 報告

〉……だがそうはならなかった、ならなかったんだよ

やめてくれ。この言葉は未だに心に刺さる。
ブラックラグーンで初めて聞いたときのあのやるせなさと救えない現実の絶望感。
俺の中じゃ不幸の名言TOP1だよ。

返信:ヒルドルブ 2020年01月11日(土) 16:47

感想ありがとうございます!

私もあの台詞は未だに心に残っています。
ヘンゼルとグレーテルは好きなキャラだっただけに生き残ってほしかったな……。


ちょっと通ります  2019年12月31日(火) 20:56 (Good:5Bad:0) 報告

アンチョビがいてくれて良かった…ホントに
親に頼み込んで養子にして貰うとか普通できねえぞ

それにしてもしほさんよ…流石にもうちょっと言葉を選びましょうよ…
良妻賢母を作る?それどころか人として失格ですよこんなの

みほもまほには文句言ってないんですよね…ここだけは修復できそう

返信:ヒルドルブ 2020年01月11日(土) 16:45

感想ありがとうございます!

きっとアンチョビなら何とかしてくれる!
そういう思いで書きました。
しほさんは言葉選びが下手過ぎると思うのですよ、原作からして。
まほについてはきっとアンチョビがみほとの仲を取り持ってくれることでしょう。


DANGO  2019年12月31日(火) 20:39 (Good:2Bad:0) 報告

まさにこの作品で唯一の救済回ですな。まあ新年間近に鬱な話なんて縁起悪すぎですし。
しかし本当しほの屑っぷりにはつくずく怒りが混み上がってくるな。それが良妻賢母を育成する
戦車道の家元のセリフかよ。「あなたは自由です、好きに生きなさい」ぐらい言えないのかね。
もしくはアンチョビにこっそり「みほをお願いします」くらい言えば少しはまほの株も上がるのに。
どこまでも人をムカつかせるのがうまいBBAだ。
しほへの愚痴になってしまいましたが、最後にヒルドルブさん、よいお年を

返信:ヒルドルブ 2020年01月11日(土) 16:41

感想ありがとうございます!
そして遅くなりましたが明けましておめでとうございます!

狙っていたわけではないですが、結果的に暗い話で年を越すことにならずに済んで良かったです。
しほさんはどうも不器用で言葉選びが下手というか、言葉が足りないというか、そんなイメージなんですよね。
もっと言い様があるだろうにと自分でも思いながら書いています。


tora ID:m7Nw0jMM  2019年12月17日(火) 18:05 (Good:2Bad:0) 報告

 最新話のエピソードで思い出したのは、かつてハマり狂った「ファイアープロレスリング」のエディットモードのプレーの変遷です。
 ①(初期)「ぼくのかんがえたさいきょうのれすらー」を作る。大抵考え無しに高パラメーターと自分の好きな技だけ揃えるが、
雑な設計が災いし、CPUに操らせると激弱な馬脚を現す。
 ②(中期)CPU操作でも強いレスラーを作るべく、真剣にシステムを研究し、CPU対戦を重ねてより勝率の高い者を作ろうとする。
が、そうして作ったレスラーは、概して同じようなタイプに収斂してしまい、没個性化し、
「『本物』が持つ色気がない、しょっぱいレスラー」などと評される。
 ③(末期)そして辿り着く最後の、本当のファイプロの泥沼。「本物」を作るための果てしない試行錯誤。
この時プレイヤーはプロレスとは己のキャラクターをリング上で余すところなく表現するもの、という言葉の意味を知るでしょう。
各プレイヤーの思い描く理想のファイトスタイルを、人力操作という八百長なしに可能な限り表現できる「本物」を追い求め、
あらゆる設計要素を組み合わせて追求することになる。
一方で、表現できれば弱くてもいいのか、と言われると、これもNO。
ただ強いだけではいけないが、己の美学を表現しつつ、なおかつ最強に近づけなくてはならない。
この命題を成し遂げるために、膨大な時間を費やした廃人が多数存在しました。私もかつてその一人でした。
 そしてこれは、恐らくはある種の「道」を追い求める過程にすべからく重なるものなのではないかと考えます。
 この作品と関連つけるなら、かつての西らは①しかできなかったのでしょう。
そして現在のまほは歪んでいると分かってても②を突き進んでいるのでしょう。
そして①と②を通過し③に至ったのが現在のドゥーチェということではないでしょうか。

返信:ヒルドルブ 2019年12月31日(火) 19:48

感想ありがとうございます!

強さを、勝利を追い求めるか、己の美学を追求するか。
この辺りはリボンの武者でも触れられていましたね。
美学を追求するという点では、知波単の戦車道こそが正しいとも。
③に辿り着くのが理想ではあるんでしょうが、そこに至るのは生半可なことではないのでしょうね。


サイドショー・ボブ  2019年12月11日(水) 13:03 (Good:1Bad:0) 報告

エキビションが無かった世界だから絹代は知波単を変えられず知波単の悪癖の猪突猛進を直せなかったし変える事が出来なかった、福田も大洗との共闘が無いから何も学べなかったのはifとはいえ悲しいですね・・・。最後の大会でも勝てず他は良い突撃が出来たと言う仲間を尻目に皆と勝ちたかった。それが出来なかった自分、絹代の涙の意味が伝わってきます。
アンチョビは杏関連があっても折れず絹代の相談に乗るなどしてるのはアンチョビらしいですね、まほの様な人間を増やしたくないのもあるんでしょうが・・・
>>アンチョビさんがお姉ちゃんならよかったのに
これ、まほが聞いたら・・・

返信:ヒルドルブ 2019年12月31日(火) 19:42

感想ありがとうございます!

最終章を観た身としてはあの感動を台無しにする話を書くのは心苦しくはありましたが、大洗が廃校になったらこうなるよな、と。
アンチョビがお姉ちゃんだったら。
ここら辺は次回のifルートをご覧いただければと思います。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。