ディル=リフィーナにて竜になってしまった黒川良也。クロン・プレイアと名乗り工匠として毎日を生きる。竜の体に振り回され、助けられながらも友人や新しくできた家族達と頑張る。自分が竜なのか、人間なのか、意外にも悩める主人公のドタバタ工房ファンタジー。

 *エウシュリー過去作をあまりやっていないので設定に矛盾があるかもしれません。展開に深刻な影響が出るものは無視して突っ走るかもしれませんができる限り対応しますのでなにかありましたらお伝えください。

この小説はarcadiaにも投稿させていただいています。初めての長編でとにかく感想、アドバイスが一つでも多く欲しいので二箇所での投稿となりました。文や構成拙いところがたくさんあると思いますがどうぞ完結までよろしくお願いします。
竜の工匠
  工匠として生きる()
  錬士として生きる2013年05月27日(月) 00:17
  経営して生きる2013年05月27日(月) 00:18
  密漁者と生きる 上2013年05月31日(金) 19:23
  密猟者と生きる 中2013年06月06日(木) 20:50
  密猟者と生きる 下2013年06月07日(金) 22:11
工匠と死神
  工匠として繋がる2013年06月09日(日) 23:53()
  歪魔と生きる2013年06月12日(水) 13:50()
  護衛と繋がる2013年06月15日(土) 11:52
  森で繋がる縁
 ▲ページの一番上に飛ぶ