戦場黙示録 カイジ 〜 ザ・グレート・ウォー 〜
作者:リースリット・ノエル

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

感想

はか  2018年12月13日(木) 23:31 (Good:2Bad:0) 報告

限定的な焼夷効果ってことは範囲はそんなに広くないのかな?

砲撃って密集して撃った方が効果あるでしょうしそこに焼夷効果のあるもの撃ち込まれたら密集してる分ひろがってくってことですかね?

自分が指揮官なら全然対策とか思い付かないですね。現実でのこれへの対処が気になりました


返信:リースリット・ノエル 2019年01月03日(木) 20:11

コメント返信遅くなり申し訳ありません。

まずは順番に説明致しましょう。

1.限定的な焼夷効果について

白リン弾が低い高度(仮に上空100〜50メートル程に設定)で空中炸裂して、地上に火の雨が降る範囲は15〜30メートル程(最大40〜50とする人もいますが、これは照明弾や発煙弾として比較的高い高度で破裂した場合だと思います。)なので、燃やす範囲はそこまで広くありません。

元が「攻撃対象を焼き払うための焼夷弾」を目的として開発されたわけではありません。
あくまで主たる目的は、発煙・照明弾としてです。

なので、非常に高い温度を爆発的に生み出すことができるテルミット弾(エレクトロン焼夷弾)や条約禁止兵器として有名なナパーム弾(辺り一面が文字通り爆炎に飲み込まれる兵器です。)に比べれば、焼夷効果は比較的狭く、限定的と言えます。
殺傷効果も上記に比べれば高くはありませんが、負傷させて行動を妨害させたり、混乱させる、隠れてる敵を燻り出すという形では効果があります。

2.白リン弾を使用した砲撃について

これはイラストで説明した方がわかりやすいのですが、今回は端的に説明しますね。機会があるときに「砲弾の効果範囲について」自分なりに活動報告で画像を上げて説明したいと思います。

まず、効果範囲は直径最大30メートルとします。
その直径範囲の5〜10メートルにお互い被さるように4つの砲弾を集中させる。
そうすれば、複数の白リン弾が空中で炸裂した際に火の雨が隙間なく降り注ぎます。
そうすると例えば、30人程の兵士が50メートル四方に展開していたら
理論上はスッポリ効果範囲に入り、まとめて攻撃できます。

なので、延焼効果を発揮させるために密集して砲撃すると言うよりは、高い確率で目標の部隊を攻撃するために密集して砲撃する形になりますね。

3.白リン弾に対する対策。

防御や回避するための対策については、正直ありません。
当たらないのを祈るか、他の部隊が集中攻撃されている時に砲撃の隙間や砲撃のない僅かな時間を見計らって、全力で前進するか逃げるかです。
舞台が障害物が少ない平原ですから、難しいですね。

ですが白リンの火種を受けた際の応急処置ならあります。

1.大量の水を使って消化。
中途半端な水では、消えないし逆に悪化する場合があります。
なので大量の水を使います。イメージは消防車の放水ですか。
ですが、戦場にはそんなものありませんから非現実的ですね。

2.酸素を断つ。

延焼した部分を土砂で確実に埋める。
白リンは自然燃焼するから、その元である酸素を遮断する。
いわば、窒息させる感じですかね。
身を浸かる程の泥沼や泥濘地帯があれば、そこに入るのも手です。
抜け出せなくなる可能性がありますが。

3.延焼している部分を削ぎ落とす。

皮膚に少量の白リンが着いただけなら、その部分の皮膚を削ぎ落とします。
ですが、破片が大きい場合でよく燃えてる場合だと処置が難しいかもしれません。

まず、冷静に的確に出来るかどうかでしょう。
戦闘中に混乱と恐怖が襲う心理状態の中では、結構難しいですよね。

白リン弾が高い高度で炸裂し、白リンがかなり細かい状態の破片となり分散するなら、少しは望みがあります。地上に降り注ぐ前には白リンが燃焼し尽くしていたりしますからね。

ですが、今回の舞台では違いますから、狙われたらかなり困難です。

かなり説明が長くなりましたが、理解出来たでしょうか?
何かまだ、気になったり、わからなければコメント下さい。


ひふみん  2018年12月05日(水) 01:50 (Good:0Bad:0) 報告

ああ、映画などの近代の戦場の場面でたまに見る、投射済みの砲弾から時間が立っても炎がゆらゆら上がり続けてるのは、白燐弾の描写なのですね。

返信:リースリット・ノエル 2018年12月05日(水) 21:21

コメントありがとうざいます。

確かにそうですね。
白リン弾は極めて長い時間に渡り、燃焼を続けます。
そのため戦場映画ではよく出て来る描写でしょう。
特に第一次世界ものについては。
白リン弾に関しての使用に関しては第一次世界大戦から現代に渡り、扱われているのですが、日本では思った以上に余り知られていないのが現状です。

ただ一つ言えるのは、「狙われたら最後。回避困難な悪夢のような砲弾」です。

戦場では、注意しましょう。


全話感想

アスラ  2019年07月02日(火) 22:22 (Good:0Bad:0) 報告

まぁ、実力主義な帝国でも外国人では肩身狭いものがありますしね
これは将来ターニャと組まされてこきつかわれそうですね

返信:リースリット・ノエル 2019年07月02日(火) 22:38

原作では、外国人の扱いについて描かれていませんが、実際は理想とは裏腹に必ずしも対等では無かったと思います。

特に際立って出るのが軍隊です。
わざわざ、外国人部隊や特別編成の義勇軍という形で区分けされるぐらいです。

人間同じ国で産まれても出身地の違いで、何らかの軋轢が生まれるのだから、外国人であるなら尚更です。

参謀本部にいる人間もほぼ全てが本国人なのは、必然です。

そうなると外人の身で出世するのは、大層な事を成し遂げなければなりません。


はか  2019年06月08日(土) 17:43 (Good:0Bad:0) 報告

今回の話は陸軍に無断で空軍が他の戦線に空軍部隊を目減りさせてしまったということですかね?

そうだとしたらメンヘル少佐胃痛ポジションw

居ても空軍は全体戦車部隊には高射砲撃たんつもりだったみたいだし別の戦線にいった方がよくね?って考えたんだろうか

返信:リースリット・ノエル 2019年06月08日(土) 18:44

いつもコメントありがとうございます。

今回の話しは、はかさんが指摘された通りです。

彼等は、状況から見て良かれと思って判断した部隊展開でしたが、陸軍と相談せず、独断で部隊を展開してしまった事が致命的なミスです。

飛行場と補給拠点を危険に晒す行為ですからね。

それが結果的にメンヘル少佐が大変な目に遭ってしまう形になるという事でした。

後、高射砲部隊の方々は、航空機と戦いたかったという気持ちが強かったのでしょう。


はか  2019年05月18日(土) 00:31 (Good:3Bad:0) 報告

目の前の敵に殺されるか空軍高射砲部隊に反発されて銃殺されるかってカイジとしてはそんな大差ないんだよねどのみち死ぬんだから

そのままやってたら死ぬんなら高射砲部隊脅して協力させた方が勝ち目あるならカイジならやるよね

脅したカイジが居なくなった後もちゃんと言うとおりに砲撃かました部隊長さん偉いな

返信:リースリット・ノエル 2019年06月04日(火) 20:45

いつもコメントありがとうございます。
あと返信遅くなりました。

カイジのキャラからしたら、すこし強引すぎるかなと思いましたが、今回はガチの戦争が舞台なので、もしかしたらやるだろうなと思いながら今回の話をつくりました。

あと、カイジはこれ以外にも色々やらかしているし、さらにやらかしていく予定です。

メンヘル少佐もやはり軍人、ここぞという時はやるのです。
彼には、勲章一つ是非とも受勲して頂きたいですね。


未確認生命体1225  2019年05月18日(土) 00:12 (Good:0Bad:0) 報告

急にカイジっぽさが倍増した、カイジだこれこそカイジだ。

返信:リースリット・ノエル 2019年06月04日(火) 20:11

カイジらしさを作り上げていけるよう、これからも頑張っていきます。内容は、軍事浪漫物になっていますが…


@亜弥理  2019年05月01日(水) 19:04 (Good:0Bad:0) 報告

ドイツ兵100人に聞きました。対戦車砲と高角砲、対戦車戦で優秀なのはどっち?選ばれたのはアハトアハトでした。

返信:リースリット・ノエル 2019年05月14日(火) 01:02

ドイツ兵100人に88ミリ高射砲の「ここがやだよ」の声をきました。

・とにかく重い。
・一度、配置に着いたら簡単に逃げれない。
・真っ先に狙われる。


はか  2019年05月01日(水) 17:58 (Good:0Bad:0) 報告

返信ありがとうございます。それとおつです。

88mm高射砲って何かな?と思って調べたら実例あるんすねえ。9台で91両とか射程外砲撃もそうだけど命中率ヤバいよ。
第一次とか第二次の戦争とかあんま興味なかったけど中々面白いすね

元の幼女戦記にも似たような話があるのかな?

返信:リースリット・ノエル 2019年05月14日(火) 01:42

コメントありがとうございます。

元の幼女戦記では、自分が見た限りでは確認出来ていません。
ただ書籍やweb版をサラッと読み進めた状態なので、もしかしたら出てるかも知れません。

ですが88ミリ砲自体は、第一次世界大戦の時点で登場しているので、幼女戦記の世界でも登場している可能性はあるでしょう。

幼女戦記の世界の技術レベルが分野にもよりますが、史実より10年先を行くので88ミリがあっても不思議ではないでしょう。


はか  2019年04月29日(月) 03:02 (Good:0Bad:0) 報告

おつです。

神に祈る暇あったら死に物狂いで突破口を探せという教訓を指4本落として身に染みてますからねえ

ターニャの言ってた作戦なんですが

まず敵の射程外から狙ってみよう。点じゃ当てんの難しいけどエリアにぶちこむならいけるっしょ?ってことですかね?

1段階目がいきなりぶちこんで足止め砲を撃たせる+射撃修正

2段階目でカイジ達がやったような効果を期待、視界潰し

3段階目で叩き潰す

って感じで大体合ってます?この手の話は難しく感じるもんですみません

返信:リースリット・ノエル 2019年05月01日(水) 13:34


コメントありがとうございます。

前世界もそうですが、カイジが10年近く帝国で戦い続けた上で、そのような認識が固定されてもおかしくはないですね。

作戦については、その認識で、大丈夫ですよ。
簡単に言えれば、よかったんですが、変にこだわったばかりに難しい話になってしまったのは否めないです。

特に砲兵なんて興味が無ければつまらないでしょうからね。


アスラ  2019年04月27日(土) 22:44 (Good:1Bad:1) 報告

更新乙です
ターニャと会えるのも近いですな

返信:リースリット・ノエル 2019年04月27日(土) 22:52

後、もう少しなんですよねー



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。