ランスIF 二人の英雄
作者:散々

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

あくありすと  2019年03月14日(木) 03:25 (Good:10Bad:0) 報告

ランスとルークというコンビが織りなすランスのifストーリーがここで終わってしまうのは寂しいです
散々氏が元気になって戻ってくるのをいつまでも待ってます!


烏◆y74DVXNET2 ID:HYTUe6Jg  2019年01月26日(土) 21:54 (Good:17Bad:0) 報告

作者さんの現状がどうなっているのかはわかりませんが、ご健在であればいいなと思います。
催促するつもりでは無いのですが、もしも体調が戻られて未完になってしまっているこの作品のことを思い出してまた書こうかなという気持ちになった時は遠慮なく戻ってきていただきたいです。
たとえ何年経とうとも、作者さんがまた筆を取れば待ってましたという返事を返す読者は多いと思いますよ。


フリードg  2018年08月16日(木) 00:23 (Good:3Bad:0) 報告

ランスも終わったかぁ……( ;∀;)
としんみりしてた所にこの作品に出会えた。
ボリュームたっぷり、地の文上手過ぎ。心地良いと言うか何と言うか、良い小説と言うのは 読んでいくと頭の中で勝手にイメージが湧いてくるんですよ~ (^_-)-☆
素晴らしかったです! 

個人的にですが、沢山の魔人と関わりあったルークさんですが、、、 ワーグとの絡みが物凄く楽しみだったりします。一番好きなのがホーネットですが ワーグも好きです! 

いつまでも待ってます。頑張ってください!


tab ID:HeJtq8bM  2018年07月26日(木) 15:31 (Good:1Bad:0) 報告

ランスという作品自体あまり知りませんでしたが、偶々拝読させていただいたこの作品のおかげで全シリーズやってみようかなという気になりました。
当方大学生で、夏休み期間中ですが、この作品を一気に読むために1週間ほどを費やしました。非常に面白かったです。


こなか ID:SFYY6DSc  2018年06月09日(土) 18:30 (Good:5Bad:2) 報告

10の2部攻略完了のロスから一気読みしました
過去作の情景が蘇るようで実に面白い
徐々にオリジナル要素が絡んでいくところは
見ていて気持ちが良かったです
戦闘描写で一番気に入ったのはアレキサンダーでした

読んでいて気になるところがひとつだけ
「後に〜となる」「このときはまだ誰も」「神の視点では」のような
今後の展開や因縁をガッツリと本文中で示す部分が多々あり
IFというタイトルからも意図的なものではあると思いますが…
一気読みしたからかクドいと感じるレベルでかなり多く感じます
物語や展開自体は非常に興味深く楽しみにしています


dsa ID:/Fsz6q7I  2018年05月20日(日) 02:31 (Good:1Bad:0) 報告

フレッチャー
格闘3

3!?!?
全盛期は何LVだったんだ・・・?

返信:散々 2018年05月20日(日) 18:05

ありがとうございます。

>フレッチャー 格闘3
フレッチャーは1991年発売のランスⅣマニュアルにて、「全盛期の頃は現人類最強のトーマですら物ともしない達人」というとんでもない設定がありました。
本作の第34話初投稿である2011年(ハーメルンへの移転は2012年9月)にはまだ公式での技能設定が無かったため、独自に格闘LV3という設定とさせて頂きました。
技能LV3はチート級の才能であるため安売りしたくなく、独自で設定する際にも基本的には付けないようにしているのですが、フレッチャーに関しては文句なしに格闘LV3だろうという確信があったのでこのように設定しました。
(上記の理由から、オリ主であるルークにも技能LV3は持たせていません)
その後、2012年7月に公式にて格闘LV3が確定しました。予想が当たっていてホッとしました。

既に本作では退場済みのキャラですが、魔人カイトにも勝利した事があるというとんでもない公式設定がある事から、後々また掘り下げる予定のキャラだったりします。

>全盛期は何LVだったんだ・・・?
技能LVについては基本的には上がり下がりはなく、持って生まれた才能値となります。努力ではどうにもならない才能。それが技能LVです。ですので、全盛期も格闘LVは3ですね。
上がり下がりがあるのは技能LVではなく、通常のLVになります。いくら天才的な才能を持っていようとも、肉体が駄目ならばその才能を発揮しきれません。
例えばLV40剣技能3とLV40剣技能1が戦えば当然前者の圧勝ですが、LV5剣技能3とLV60剣技能1ならば流石に後者が勝つと思います。
本作では3章時点ではサボり続けていたためLV5まで落ちていたと設定しました。全盛期は50以上は固く、下手すれば70前後はあったのではないでしょうか。


ラット  2018年05月14日(月) 18:41 (Good:0Bad:15) 報告

▼このコメントは隠されています。閲覧するにはここをクリック


白銀(しろがね)  2018年05月09日(水) 23:29 (Good:0Bad:0) 報告

200話記念!おつかれさまです。
ゆっくりじっくり拝読するつもりが、推しキャラを含む怒涛の展開で手に汗握りました。
メディウサのセリフがとても良い感じに絶望感をあおってくれますね。

サイアスさんかっこいいし、見たかった技が出てきて興奮したし、ウスピラさんもかっこいいし、サーナキア&ウスピラのやりとりがいいなと思ったし、「いいね!」を書き連ねてまとまらないのが悔しいですが、改めて拝読し直しながら続きも楽しみにお待ちしています。

【誤字?】
長官たちの悲鳴が部屋に響き、ウスピラとサイアスは目を見開いて来訪者を見る。

ウスピラとサーナキア でしょうか。

-追記-

あっ、200話というか200投稿目、ですね。
失礼しました。

返信:散々 2018年05月10日(木) 02:18

ありがとうございます。

>200話記念
おお、本当ですね。自分でも気がついていなかった事にお気づきになってくださり、大感謝です。
幕間や総集編など含めて、通算200投稿。文字数も300万字間近。思えば遠くに来たものです。

>推しキャラを含む怒涛の展開
>「いいね!」を書き連ねてまとまらない
そう仰って頂けてホッとしております。今回の話の中でも、メディウサの一連の話は連載開始当初からずっと書きたかった展開でしたので、私自身ようやく書けたという心境です。
そして、決して贔屓しているとかそういう訳ではないのですが、今回の話を投稿する際、読者様の反応、特に白銀様の反応は特に気になりました。お世辞とか抜きで本当に。
というのも、白銀様には何年もの長い間本作へのご感想を頂き、ゼス四将軍、とりわけサイアスとウスピラの二人への愛が特に深い事を知っておりましたので、ウスピラがかなりの重症となる今回のメディウサ戦をどう捉えられるか、以前から心配でした。
ですので、今回のご感想は本当に嬉しかったです。

サイアスとウスピラの関係についてはまだまだ本作中で掘り下げていきますし、サイアスは登場人物の中でも最上位に入るくらい活躍する予定です。(これまでも活躍は多めですが、まだまだ見せ場はあります!)
プロットにはなってしまいましたが、なんとかこの二人の物語も最後まで書ききりたいと思っております。

>誤字
完全な誤字ですね。大事な場面なのに、サイアスがフライングで到着してしまっている……
失礼しました。修正させて頂きました。


のり巻き  2018年05月06日(日) 21:44 (Good:0Bad:0) 報告

ルドラサウム世界的にランスみたいなのがいなけりゃどうしようもないという話で重箱の隅をつつきたかったわけじゃないですすみません
特に10本編や二部でモンスターのあり方や国家間の関係なんかで絶対に火種がなくならないように設計されている世界が表現されててかなり練られてるんですよね
そういう作り込まれた世界が好きなだけでなんですだから好奇心で細かいこと聞いてしまうんです

返信:散々 2018年05月10日(木) 02:04

ありがとうございます。

>重箱の隅
いえいえ、お気になさらないでください。私自身もそういった箇所を掘り下げるのは大好きなもので。
6章に入ってから、のり巻き様のご感想でゼスの在り方や思想・改革について触れられている事が多かったので、落としどころとしてこの内容でご納得頂けるか、楽しんで頂けるかと私の方が勝手に不安になっただけです。

>好奇心で細かいこと聞いてしまう
今後もバシバシ細かい点にご質問ください。
本編中で表現しきれなかった箇所の補足や、私自身の考えなど、返信させて頂きますので。
私もランスワールドの作り込まれた世界が大好きなので、ついつい語りたくなってしまうんです。


萬月  2018年05月06日(日) 17:41 (Good:1Bad:0) 報告

メディウサは「魅力や愛嬌はあるけど倒すべき邪悪」表現していて本編並にに輝いている。今更だかIFゼス編はガルディアとカミーラを除けばジルが生み出した魔人が三体もいるなぁ。しかしジルが作った魔人は人情味があるサイゼル、ハウゼル、レイ、アイゼル、ジークら残酷なれど忠誠心と武人肌のノスや外道だが他の魔人達から忌避あるいは無関心のケーちゃんと片想い関係発展してもおかしくない悪友関係を築いているメディウサやランスやガイに見せた本人の複雑な心境を表すかのような面々だな

ミラクル、ダークランス、リック対ガルディアなんだこの興奮のあまり鼻血が出る夢のチームより対決は。

火炎書士はどうにかなったようで何よりです。けどレキシントンは惜しかったですね割といいキャラだったので。情報解禁が早ければ

返信:散々 2018年05月10日(木) 02:00

ありがとうございます。

>倒すべき邪悪
鬼畜王時代から、ケイブリス派の魔人の中でボスのケイブリスを除いて考えると、純粋な強さはケッセルリンクだと思いますが、人類にとって厄介なのはメディウサとパイアールであると常々思っていました。
その辺りの考え方は本作を書く上で如実に反映されてますね。パイアールなんかは主要キャラの一人に置いてますし。
実際、ランス10でもこの二人は相当厄介に描かれていましたし、考え方的には間違えてなかったのかなと思いました。特にメディウサの大暴れはとんでもなかった。まさかあそこまでするとは。

>ジルが生み出した魔人
ジルがどういう考えで魔人を選定したのかなど、ジルと魔人の掘り下げは今後本編中でガッツリ触れる予定だったりします。かなり終盤になる予定ですが。
因みに余談ですが、本作ではアイゼルはガイの生み出した魔人という設定になってしまっています。
これは、2015年8月発売のランス03が出るまで、アイゼルがどの魔王が生み出した魔人であるかずっと明かされてなかったからによる弊害です。(本作では第38話にてガイ期の魔人として独自に設定。第38話の初公開は2011年11月であり、ランス03発売の約4年前)
無印3でのジル復活後の反応とか、ノスへの態度とかから、比較的若い魔人であり、ガイ期が有力だろうなーと思っていたんですよね。うーむ、推測が外れてしまった。
直すと地味に修正箇所が多くなってしまう(ジルへの態度とか)ため、本作ではとりあえずこのまま進む予定です。

>ミラクル、ダークランス、リック対ガルディア
これ、本当にずっと書きたかった対決でしたw
ランスやルークが魔人と戦う事を期待している読者様には申し訳ないのですが、個人的にはこういった想定外の強者対決みたいな展開が大好きでして。
原作的に考えても、この対決とか正直有り得ないし予想も出来なかったかと思います。ただただ自分が書きたかっただけの代物です。
因みに、連載開始当初の初期プロットではダークランス&リックVSガルティアでした。ミラクルはランスⅨ発売前のため影も形もなく。
その後、ランスⅨが発売され、公式にてゼス崩壊の際にミラクルはゼスのとある町で自衛していたという設定が公開された際に、「じゃあダークランスと合流させてこの戦いに混ぜられるな」とピンときた次第です。
結果、とんでもないドリーム対決に。

>レキシントン
ここに関してはどうしようもなかったですねー。レキシントンの魔血魂の使い道は本作的に変更しようがない重要な役回りでしたので。無念。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。