――終戦宣言。
艦娘たちは人間に戻り、それぞれの家族の元へと帰っていった。
今でも覚えている。
大勢の艦娘が、それぞれの家族と抱き合い、涙し、歓喜に沸いている姿。
そして、その中で一人、ただ茫然と、それを見ている一人の女の子の背中――。

艦娘と提督の戦後を書いた作品です。
  1
  22016年05月22日(日) 22:05()
  32016年05月29日(日) 23:03()
  42016年06月02日(木) 23:18()
  52016年06月09日(木) 22:02()
  62016年06月15日(水) 22:25()
  72016年06月22日(水) 23:29()
  82016年07月01日(金) 21:33
  92016年07月10日(日) 20:12()
  102016年07月19日(火) 22:43
  10.52016年08月03日(水) 23:08
  112016年08月17日(水) 21:49
  11.52016年08月30日(火) 22:18
  122016年09月06日(火) 21:55
  12.52016年09月12日(月) 23:57()
  END()
 ▲ページの一番上に飛ぶ

読者層が似ている作品

遺船を漕ぐ(作者:雨守学)(原作:艦隊これくしょん)

世間では終戦一年を祝うようにして、どこの家も国旗を掲げている。▼旗の靡く音と、蝉の大合唱。▼それらの音が段々と小さくなってゆき、やがて消えた。▼妻が死んだ時と同じ感覚。▼無音の世界に取り残される感覚。▼俺はこの日、自殺を決意した。▼売れない小説家と艦娘の関係を描いた作品です。


総合評価:1385/評価:8.74/話数:15話/更新日時:2020年04月12日(日) 16:25 小説情報

口下手提督と艦娘の日常(作者:@秋風)(原作:艦隊これくしょん)

女性と接することが苦手な口下手提督と艦娘たちとのほのぼのとした日常を書いていきます。イチャイチャしたりラブラブしたりほっぽっぽしたりしますが基本的にはほのぼのします。▼艦娘たちの積極的なアプローチを提督が盛大に勘違いして放り投げていくさまを楽しんでいってください。▼※追記(2019.8.6)▼ 試験的に章を分けました。▼ 提督の過去話や設定に付随する話は番外…


総合評価:14461/評価:8.40/話数:61話/更新日時:2020年01月09日(木) 05:38 小説情報

柱島泊地備忘録(作者:まちた)(原作:艦隊これくしょん)

 ブラック企業に勤めていた、とある男。▼ そんな彼が目覚めると、見知らぬ車に乗っていて、紅紙一枚で左遷を言い渡される。▼ 事情も分からない彼に課せられたは提督業。そして彼はどうやら罪人の扱いを受けているらしいが……?▼ あらゆる鎮守府から欠陥品として見捨てられた艦娘達と共に、暁の水平線に勝利を刻むべく奔走する――それも殆ど知識が無い状態で。▼ 艦これ? 知っ…


総合評価:8083/評価:8.87/話数:35話/更新日時:2021年04月10日(土) 18:10 小説情報

好感度数値が見えるようになった。仲のいい彼女達は〝13〟だった。泣きたい。(作者:鹿里マリョウ)(オリジナル現代/恋愛)

(因みに最大値が〝10〟であることに、主人公は気づいていない模様)


総合評価:13179/評価:8.11/話数:4話/更新日時:2021年03月30日(火) 00:03 小説情報

百合ゲー世界なのに男の俺がヒロインを幸せにしてしまうまで(作者:流石ユユシタ)(オリジナル現代/恋愛)

旧題『百合ゲー世界なのに男の俺がヒロインをNTRしてしまうまで』▼旧題『いずれ光源氏』▼21歳社会人男子で彼女無しの黒魁人は嫌味な先輩のお葬式に参加していた。そのお葬式で子供の引き取り先を揉める親族たちを見ていると前世の記憶を思い出す。『ここ、百合ゲー世界じゃねぇか!!!』。誰も引き取らないなら、俺が引き取ると四姉妹を引き取り、ゲーム開始まで育てることを決め…


総合評価:36412/評価:8.72/話数:67話/更新日時:2021年05月12日(水) 22:13 小説情報