どうも三國志のシーラカンスです
作者:呉蘭も良い

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

ちゅうん  2019年04月20日(土) 12:18 (Good:0Bad:0) 報告

一気読みしました、とてもおもしろかったです!


心は永遠の中学二年生  2019年02月11日(月) 17:13 (Good:0Bad:0) 報告

何度読んでも面白いな
続きを楽しみにしています!!


麿は星  2018年10月19日(金) 22:03 (Good:2Bad:1) 報告

色んな恋姫の二次小説見てると、いつも真桜はナニモノなんだ?という疑問が湧いてくる。

例えば、切っ掛けさえあれば、霹靂車の応用で簡易カタパルトを作り、グライダーを打ち出して航空偵察とか、真桜の技術力なら普通に繋げていけそうな気さえする。きっと紙飛行機飛ばしたり、ベルヌーイの定理とかをふんわり説明すればイケるに違いない(無責任)。
実用化に向けては、最初のうちは実験者が何人か酷い目に遭うかもしれないけど、呉や徐州あたりの漁師(本当かは知らないけど、グライダーっぽいモノで魚群を見つけてた記述があったり)と協力できれば一気に進展するかもしれないし、主人公が発想を助ければ気球やパラシュートに派生する事も考えられる。

他にも、燃焼に関する化学もそこそこわかってるっぽいし、ドリル持ってるし、あの乳だし、一応は元一般市民?のはずなのに、奴だけ時代と世界を間違えている気がしてならない。 


琉夏  2018年09月26日(水) 00:53 (Good:2Bad:0) 報告

久々に見たらめっちゃ進んでて急いで読みますた。
いい具合にスーパーリッチが加速してますね。この調子で宝物庫(仮)を拡張させていきましょう!

唐突の古○さんに和まされました。この時代で筆談はものすごくお金使いそうだなぁ……(小並感)


心は永遠の中学二年生  2018年09月02日(日) 22:05 (Good:0Bad:0) 報告

ところで、思春の登場回(第26話)の前後で江賊と紅賊が混在しているので時間があるときに修正願います


阿佐ヶ谷 ID:YCZc2Ms2  2018年08月31日(金) 12:06 (Good:2Bad:0) 報告

更新お疲れ様です。
加入しないのは残念だけれど、一字千金のメンバーとして司馬家の皆さんは必須レベルの知力を持っているから、顔を繋げたのは良かったですね。

返信:呉蘭も良い 2018年08月31日(金) 12:25

最早それが出来るのはいつになる事やら


stan  2018年08月31日(金) 05:55 (Good:0Bad:0) 報告

投稿お疲れ様ですm(__)m今回も楽しかったですm(__)mマンセイもげろ。もげ続けろ。
次回も楽しみにしております。

返信:呉蘭も良い 2018年08月31日(金) 12:24

彼にも幸せがあっても良いんじゃないですかね?


stan  2018年08月31日(金) 05:53 (Good:0Bad:0) 報告

投稿お疲れ様ですm(__)m今回も楽しかったですm(__)mシバイは無しかー(。>д<好きなキャラなので、主人公ともっと絡ませて欲しかったですが‥)宿命じゃ仕方ないですね(ToT)
次回も楽しみに待ってますm(__)m

返信:呉蘭も良い 2018年08月31日(金) 12:23

宿命だからしゃーない
廖化じゃ司馬懿は捕らえられない(笑)


狗鬼灯  2018年08月31日(金) 01:33 (Good:3Bad:0) 報告

なんだろう、主人公が持っているアドバンテージの中で、一番役に立っているのが作家としての名声、二番目が財力な気がする。
守護鬼とはいったい……。

返信:呉蘭も良い 2018年08月31日(金) 12:22

守護鬼(守護するとは言ってない)

まぁ元が廖化という微妙スペックだから、頑張ってもこんなもんよ、多分


グラムサイト2  2018年08月31日(金) 00:25 (Good:1Bad:0) 報告

コミュ障を華琳様の所に届けても猫耳軍師がイライラするだけだと思いますよ。
と、言うか蒼夜が側で通訳してる姿が想像できる。

返信:呉蘭も良い 2018年08月31日(金) 12:20

猫耳がイライラしてるのはデフォルトだから問題ないな



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。