change
作者:小麦 こな

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

全話感想

おらんげ ID:w2G/G9TE  2020年07月25日(土) 23:15  42話 報告

読んだの遅かったから残念だけど、めっちゃ面白かったです。実は、changeから先に読んでしまったので正博に対するヘイトがどうしてもあります。でもみんなが幸せになれることを願ってます。

あと、絶対自分がどっかで見落としたと思うから申し訳ないんですけど、巴以外の4人は貴博が冤罪ってこと知ってるんですか?あとモカの母。
ホントに遅いけど、ダメ元で聞かせていただきたいです

楽しい時間をありがとうございました!

返信:小麦 こな 2020年07月26日(日) 16:41

おらんげさんはじめまして。小麦こなと申します。

数ある小説の中から「change」を読んでいただいてありがとうございます。
そうですね。恐らく正博君の事をよく思えない方はたくさんいると思います。私自身「主人公が善人とは限らない」と言うコンセプトで正博君の物語を書いていましたので、その作品のスピンオフである「change」を読むと正博君にヘイトを持つのはある意味「当たり前」なのかもしれません。それに関しては作者として、正博君に悪い事をしてしまったと思っています。

”巴以外の4人は貴博が冤罪ってこと知ってるんですか?あとモカの母”
この質問に関しまして、お答えいたします。

恐らく万引きの「冤罪」を指していると解釈しておりますが、巴以外の4人は知りません。モカちゃんも知らなかったのでモカの母親である京華さんも知りません。京華さんは貴博君には前科があるという事実のみ、モカちゃんから聞いていました。
ただ、モカちゃんは貴博君と知り合い、貴博君の優しさを徐々に知っていきました。モカちゃんは貴博君を「犯罪者」としてではなく「一人の男の子」と言う視点で貴博君を見ていました。
ですのでモカちゃんは自分の意志で貴博君の「前科」を消す方法を探していました。

モカちゃん以外の4人も最初は彼を信用できず、敵意むき出しでした。だけど後半には貴博君の行動によってその見方は無くなっていきました。
※巴ちゃんは冤罪であることを知っていましたが、正博君を必要以上に追い込んだ事に不信感を抱いてました。

こんな感じの解説なので、もしかしたらおらんげさんの要望に添えていないかもしれませんが……。
以上で締めたいと思います。
改めて小説を読んでくれて、そして感想を書いてくれてありがとうございました。


藤井 悠  2020年03月16日(月) 13:19  52話 報告

最後に目を覚ましてくれて良かったです。しかし、最後の右腕を回したって、確か左利きじゃなかったかなと、少しドキッとした最終回でした

返信:小麦 こな 2020年03月17日(火) 12:41

藤井 悠さんこんにちは! いつもお世話になっています。

こちらでは初めてましてですね。小麦こなと申します。

そうですね、最後に目を覚めてしっかりとモカちゃんが駆け寄って終わるという結末となってますね。
うん、着眼点が素晴らしいですよね。そうです、貴博君は左利きなんですよ。でも最後は右手を動かしました。

そのシーンを見るだけで読者さんの捉え方が変わると思います。
貴博君が目覚めたからハッピーエンドと捉えても大正解です!目が覚めたけど何かしら問題があるかも……と嬉しいけど素直に喜べない終わり方と捉えても大正解ですよね。

やっぱり小説は読者さんに結末を委ねられる、というのが面白い部分だって思っています。

最後まで読んでくださってありがとうございました!
次回作で会えることを願っております。
またね!!


沢田空  2020年03月12日(木) 16:43  52話 報告

完結お疲れ様でした。

前話と今話分書きます。

モカちゃんへの愛の手紙がやっと届きましたね。パンの袋の奥底なんて恥ずかしいがっちゃって。可愛いな貴博くん。
(25行省略されています)

返信:小麦 こな 2020年03月17日(火) 12:37

沢田空さんこんにちは! いつもお世話になっています。

お疲れ様です!
返信が遅くなってしまい申し訳ありません。

前回の分と今話の感想、ありがとうございます。
前回はパンの袋の底に手紙を入れていたんですね。貴博君が恥ずかしかったという意図もありそうです。私は貴博君なりの狙いがあったんじゃないかなって思います。袋の奥底にあったけどモカちゃんの手によって取り出されました。今はモカちゃんのポケットの中に入ってます。奥底から温かい場所に移りましたね。

蘭ちゃんの変化も素晴らしいですよね。最初なんて貴博君の事を邪険に扱っていましたし本質を見ようともしてなかった。でも今は違います。
モカちゃんと同じ様に、貴博君と接していくうちに分かってきたのでしょう。
蘭ちゃんだけでなく他の周りの人たちも変わりましたね。

麻衣ちゃんは恐らく貴博君の過去を知っています。でも麻衣ちゃんは恐らく小学生ぶりに出会ったはずだけど、接し方は変わらなかった。それが麻衣ちゃんの答えですよね。

ニュースの件ですけど、あれは素直に中嘉島が逮捕されましたと捉えてもいいと思います。ニュースでは断言してなかったけど、これから先彼を出すつもりはありませんからね。

追記ありがとうございます。
あれは気づけないですよね。全ては作者の凡ミスなので気にしないでね。でも見つけてくださってありがとうございます!
あとは後日談に続きます。

最後まで読んでくださってありがとうございました!
次回作で会えることを願っております。
またね!!


シフォンケーキ  2020年03月12日(木) 03:09  52話 報告

作品完結、お疲れ様でした。
今回もいい話をありがとうございます。
毎作話の大事な部分に色々と読み方に一ネタ加える書き方をしているのでいつもそれを楽しみにしてみてます。
次回作も楽しみにしています。

返信:小麦 こな 2020年03月17日(火) 12:27

シフォンケーキさんこんにちは! いつもお世話になっています。

お疲れ様です!
返信が遅くなってしまい申し訳ありません。

今作も最後まで付き合っていただいてありがとうございます!シフォンケーキさんとのお付き合いも長いものになりましたね。

そうですね、私は物語で一番読んでほしい所と感情移入してほしいところはかなり頑張って書いてます。ただ書くのではなくて読者さんの心を揺さぶれるような書き方を意識してますね。

もしかしたらもうそろそろネタ切れなんじゃない、と思っているかも知れませんが……その通りです(笑)
なので温かい目で見守ってください。

最後まで読んでくださってありがとうございました!
次回作で会えることを願っております。
またね!!


ちかてつ  2020年03月12日(木) 01:48  52話 報告

最終話投稿お疲れ様でした!
前作品のimageから続いたような作品のchangeでしたね。
多分みんな最初貴博君の事嫌いだったと思います。
それがchangeして、この結末に辿り着きましたね。きっと貴博君はモカちゃんや、周りの人からたくさんのモノを貰ったでしょう。その逆もまた然り。
これから貴博君とモカちゃんは良い感じの人生を歩むのでは無いでしょうか。
きっと色々な事がありますが、多分2人なら乗り越えるでしょう。(無責任)
さて、なんとか意識が回復して、ハッピーエンド……かな?になってエンドを迎えましたね。
ひとつの物語が終わりを迎えたら、また次の物語の始まりを感じたいのが読者視点からすると思ってしまいます。
次回作もあるとの事なので、体調に気をつけて執筆、投稿して下さい。
次回作も楽しみにしています!
p.s.エンドロール書きお疲れ様でしたm(_ _)m

返信:小麦 こな 2020年03月17日(火) 12:23

ちかてつさんこんにちは! いつもお世話になっています。

お疲れ様です!
返信が遅くなってしまい申し訳ありません。

多分、というかほとんどの人が貴博君の事を嫌っていたでしょうね。ただ今作ではどうして貴博君があんな行動に出たのか、そしてどんな性格の男の子なのかを鮮明に書いたつもりです。

そうですね、これからは2人で支えたって欲しい……ですね。
多分貴博君は思う事があると思います。ここの支え合ってという言葉に。

最後はハッピーエンドと捉えてくれる方が多くて助かっております。作者はハッピーエンドだと思うんですけどね、考え方によってはうーんとなる方もいるのかなって思ってます。

そうですね、終わりが有れば始まりもあるんですよね。
次回作は久しぶりの高校生主人公の日常なので書いてて楽しいですね。
面白いかどうかはわかりません(笑)

エンドロール、今作は過去最高にしんどかったです……けどその分ボリュームがあって良かったんじゃないかな?
最後まで読んでくださってありがとうございました!
次回作で会えることを願っております。
またね!!


エラーが発生しました  2020年03月11日(水) 22:49  52話 報告

完結おめでとうございます!
中盤辺りから全く感想が書けてなくて申し訳ないです...勿論全話投稿されてからすぐに読んでいましたよ?
最後のモカの言葉で思わず泣きそうになってしまいました。自分に言われてる訳ではないのに、何故か心に深く刺さりましたね...こなさんの文章力には完敗です。
貴博君の成長する姿や登場人物の心情の変化が本当に色濃く書かれており、最後まで惹かれながら読み進めることが出来ました。読者側からしても感謝の気持ちでいっぱいです。
まあ何がともあれ無事ハッピーエンドを迎えることが出来て良かったです!モカと貴博君には是非ともこのままいつも通りの幸せな日々を歩んでいってほしいです!
この小説のおかげで自分もまた小説を書く為のモチベが上がってきました!本当に有難う御座います!
ではまた次作で会いましょう〜

返信:小麦 こな 2020年03月16日(月) 12:39

シュークリームは至高の存在さんこんにちは! いつもお世話になっています。

お疲れ様です!
返信が遅くなってしまい申し訳ありません。

最後のモカの一言はこの作品を書く前から実は決めていました。
そのためにモカちゃんには作中で一度も貴博君に「好き」という言葉を言わせなかったんですよね。
案外難しかったです。自然とモカちゃんが好きって言っちゃうんで何回も考え直しました(笑)

今回は無事ハッピーエンド!と捉える方が多くて私はとっても嬉しいです。しかし中にはグレーっぽい終わり方だなぁって感じた方もいるんじゃないかなって思います。
それが狙いなんですけど……。詳しくは後日談にて明かされると思います。
後日談、涙頂戴な展開になりそうな予感がしてます。

小説のモチベが上がったのなら嬉しいです。
私は思えば1年以上ほぼ毎日執筆してて、たまに我に帰る時がきます(笑)

最後まで読んでくださってありがとうございました!
次回作で会えることを願っております。
またね!!


せきしょー  2020年03月11日(水) 15:31  52話 報告

完結おめでとうございます!そして、お疲れ様でした!
今作はあまり感想を書けなかったのが心残りですが、今作も毎話毎話楽しんで、次の展開が気になってソワソワしてしまう、そんな素敵な作品をありがとうございました!
モカ達と関わることで、前作の貴博くんからは見る影も無くなる程に変わり…というより本来の貴博くんに戻った、というのが正しいかもしれませんが、これでようやく前作も含めた完結なのだと思いました。
小麦 こなさんの伏線の貼り方には毎度毎度感服致します。
改めまして、完結おめでとうございます。
そして、本当にお疲れ様でした!

返信:小麦 こな 2020年03月16日(月) 12:33

せきしょーさんこんにちは! いつもお世話になっています。

お疲れ様です!
返信が遅くなってしまい申し訳ありません。

毎話楽しみに待っていただけるだけで作者としてとっても嬉しいことです。こちらからもありがとうございました。

そうですね、今回のテーマは変わる事と同時に大事なものを扱っています。
貴博君は最初は絶望の中にいて、自分がいない方が良いなんて思っていましたがモカちゃんとに出会いによって考え方が変わりましたね。
確かにせきしょーさんの仰るとおりで貴博君は元の性格に戻ったという事です。ではどうしてタイトルがchangeなのか……と言うのはまだまだ内緒にしたいですね。

今作は伏線、もうちょっと面白く出来たんじゃないかなって実は思っています。
次回作以降、もっとドッキリさせられるような一瞬を作っていきたいと思っています!

最後まで読んでくださってありがとうございました!
次回作で会えることを願っております。
またね!!


鐡 銀  2020年03月11日(水) 06:17  52話 報告

更新お疲れ様です。

またひとつ、物語が終わりましたね…少し寂しい気もしますけど、新しい物語が始まるって考えたらワクワクしています。

貴博君、やっぱり色んな人に出会えて幸せ者ですね。看護師(見習い)になっていた瀬川さんと”また”会えたみたいですしね。瀬川さんの感じからして、多分瀬川さんも貴博君の事が好きだったのかな〜とか邪推したり。
(7行省略されています)

返信:小麦 こな 2020年03月16日(月) 12:28

鐡 銀さんこんにちは! いつもお世話になっています。

お疲れ様です!
返信が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

また1つの小説が終わりを迎えました。よく考えたら私ってもう5作品完結させたんですよね。そう考えると良くやってるなぁ、と思ったりもしますが、もっと良い物語が書けるはずという気持ちも湧いてきます。

貴博君自身が変わった事で周りにも変化がありましたね。
貴博君は変わる前からたくさんの人たちが周りにいました。認識が変わるだけで見え方って変わると思います。
麻衣ちゃんにとっても貴博君は変わるきっかけを与えた人ですからね。でも彼女の場合は異性としてより、恩人として友人として好きだそうです。

そうですね、麻衣ちゃん出てきたのは貴博君の思い出話でしたね。貴博君を殴った人間も名前だけその時に出てます。
そうですね、伏線と付箋ははるものですね。それ以上は言わないでおこうかな(笑)

最後は貴博君が目を覚ましましたね!
とっても嬉しいと同時に、ちょっとだけ彼の見方が変わった人もいると思います。
それはまた後日談で述べていきます。

最後まで読んでくださってありがとうございました!
次回作で会えることを願っております。
またね!!


じゅぴたー  2020年03月11日(水) 00:02  52話 報告

本当に、本当に今までお疲れ様でした。
この小説で微笑んだり泣いたり、そんなことが何回もありました。
幾つも張り巡らされた様々な伏線などなど…読む側に決して飽きさせないような作りや、何よりimageのスピンオフにも関わらず1つの物語として、『前作、正博の兄としての物語』ではなく『佐藤貴博という一人の人間の物語』として描かれていたのに心の底から敬意を表し、感動しました。
自分の語彙力が拙いばかりに伝わりづらい感想になってしまいましたが、とても素晴らしい作品でした。ありがとうございました。

返信:小麦 こな 2020年03月13日(金) 12:42

じゅぴたーさんこんにちは! いつもお世話になっています。

お疲れ様です!

私の小説を読んで頂きありがとうございました。
私にとってもこの小説って特別で初めてのスピンオフ作品で初めての長期連載で作品自体「これで良いのかな」ってずっと思っていました。
でもじゅぴたーさんのような感想を頂けた事で、これで良かったんだなと思いました。

今作はもうちょっと物語構成を頑張れたって今になって思います。
でも物語に内容は自信を持って提供しております。
そうですね、私も佐東貴博という人物を詳しく書きたいって思ってスピンオフを書きました。
正博君と貴博君の関係性のように、imageとchangeは切っても切れない親密な小説だと思います。

私自身も感想欄に関しても語彙力が無いのでまとまりませんが……感想欄くらいだったら語彙力なくても良いよね!?

最後まで読んでくださってありがとうございました!
次回作で会えることを願っております。
またね!!


託しのハサミ  2020年03月10日(火) 22:55  52話 報告

ああとうとう終わってしまった、自分が小麦こなって人を知ったのは巴のSSを探していたらたまたま見つけたimageの第1話からで、それから役1年近く続いた佐東兄弟の話も終わっちゃったことで自分の生活の中で一部が欠けてしまったような感じがします。
それと、佐東兄弟のその後の話や夫婦になった4人の話も見たいです。
最後に役1年間、お疲れ様でした!!!

返信:小麦 こな 2020年03月12日(木) 13:45

託しのハサミさんこんにちは! いつもお世話になっています。

お疲れ様です!

無事、小説を完結させる事が出来ました!
ホッとしたと同時にもう投稿しなくてもいいんだと言う安心感と寂しさが湧いてきます。
託しのハサミさんは前作で私の小説と出会われたという事で、素晴らしい出会いに感謝しかございません。
……実はもっと前から読んでくださっていたような気がしてます(笑)

そうなんですよね!本当に約1年間も続く作品たちになるなんて思ってもいなかったので作者もびっくりしています。
話は終わりましたが作品は消えませんのでまた読みたくなったときに、読んであげてください。
きっと登場人物たちも張り切るんじゃないかな〜。

後日談についての内容は……未定です!
お楽しみに。

最後まで読んで頂きありがとうございました!
次回作で会えることを願っております。
またね!!



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。