借金から始まる前線生活【完結】
作者:塊ロック

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

感想

a-yuki  2019年03月21日(木) 23:10 (Good:1Bad:0) 報告

あれ…借金してからずっと後方で研修してるだけでむしろ前線から遠ざかってね……?

返信:塊ロック 2019年03月22日(金) 00:01

あれ、もしかしてこのシリーズまだ始まってないんじゃ(すっとぼけ


マッ缶猫toy  2019年02月17日(日) 20:34 (Good:0Bad:0) 報告

伝説の恋愛ゲームを思い出しましたw

-追記-

一個前のお話ですね。ミスってます…すみません

返信:塊ロック 2019年02月14日(木) 22:31

で、伝説の恋愛ゲーム…?

伝説って?


ドイツSS  2019年02月14日(木) 16:05 (Good:1Bad:0) 報告

指揮官と一緒に居ること、若しくは指揮官がM4だけを見てほしいみたいな独占欲は高いけど、いざ事に及ぶような男女の関係には免疫が無いように見える。

でもそこに活路を見出して攻めると、ネジの飛んだスイッチON状態のM4に逆にヤラれそう

返信:塊ロック 2019年02月14日(木) 21:14

いつネジが飛ぶかわからない一種の不発弾と化しているM4ちゃん。
…AR小隊揃ったら絶対指揮官M16にしばき倒されそうだ。


全話感想

Amiye  2019年10月22日(火) 14:01 (Good:0Bad:0) 報告

完結やったぜ
静かに見させてもらってましたがとても面白かったです!
乙です!

返信:塊ロック 2019年10月22日(火) 17:39

感想ありがとうございました。
実はあと1ページだけ差し込む予定です。


フルハベル暗月  2019年10月22日(火) 01:13 (Good:0Bad:0) 報告

腕時計も素晴らしいと思うけど、ここは某基地みたいにベルロック家が彼で末代になることを嫁みんなで阻止ー!とかでも面白そうやなぁ(家族増えて生活費壊れる)

返信:塊ロック 2019年10月22日(火) 12:49

人形の妊娠ネタは他所がやってますのでやりません。

……それか、養子……取らせるべきかなぁ。


いろいろ  2019年10月22日(火) 00:49 (Good:0Bad:0) 報告

愛されてんなぁ、ジョージ。

彼らに幸多からんことを

返信:塊ロック 2019年10月22日(火) 12:47

真摯に向き合った結果、人形達からも確かに愛を向けられる事になりました。

彼は、今苦労しているが同時に最も幸せでしょう。
感想ありがとうございました。


デファイアント  2019年10月22日(火) 00:36 (Good:0Bad:0) 報告

お疲れ様でした
長い間楽しませてもらいました
完結おめでとうございます

完結しても借金は終わらんかったか…

返信:塊ロック 2019年10月22日(火) 12:46

感想ありがとうございます。

彼の借金は多分当分終わらないでしょう……。
続編でも彼の借金と雄姿をご期待ください()


超甲形巡洋艦  2019年09月30日(月) 18:38 (Good:0Bad:1) 報告

そうや代理人の事wすwっwかwりw忘wれwとwっwたwww

ねえねえ、代理人?忘れられて今どんな気持ち?ねえねえ、今どんな気持ち?NDK? NDK?(他のハインドモデルに追われながら)

『お土産にこれ持ってけ』
つ(ジョージとドリーマーの【夜の】事情)


いろいろ  2019年09月30日(月) 13:08 (Good:0Bad:0) 報告

ああ、これで本当の意味で完結か、寂しくなるなぁ・・・・
長く楽しく読ませていただきました、ありがとうございます!

返信:塊ロック 2019年10月04日(金) 16:27

こちらこそ、ありがとうございました。


ドッツ  2019年09月19日(木) 11:57 (Good:0Bad:0) 報告

完結おめでとうございます。
素晴らしい作品をありがとうございます。
最高です。お疲れ様でした。

返信:塊ロック 2019年09月25日(水) 08:13

コメントありがとうございました。
なんとか完結まで漕ぎ着けました。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。