海外移住したら人外に好かれる件について
作者:宮野花

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

感想

ライネルト  2019年09月20日(金) 00:28  65話 報告

この作品SCP-■■■■は重度のミーム汚染を引き起こす可能性があります。
度重なる別世界線を描いた文章が割り込み投稿されているため、既読の確認が非常に困難です。更新の確認をする場合は、通常なら最新話と思われる最下層の文章のみならず、閑話等の区切り位置にある文章も一つずつ目視で確認する必要があります。
また、栞を着けた日時を把握しておくことで、更新日時と照らし合わせ複数話の未読部分を一度に確認することが可能ですが、人によっては数百にわたるお気に入り小説のうち、全ての栞の更新時間を覚えておくことは現実的ではないと思われます。
このSCP-■■■■は本文と直接的に関係のない別世界線を示す文章や、設定集、お礼等を隔離し、本作品のシリーズ作品とすることで、収容が可能であると考えます。

返信:宮野花 2019年09月20日(金) 16:54

來那さんコメントありがとうございます。 すみません、ご指摘のコメントなので早めに返信いたしました。 まず最初に、更新の件申し訳ございませんでした。 見づらかったということですよね。恐らく今までのことの指摘もあるかと思うので、前々から気にして頂いてたんでしょう。 せっかく読んでくださって、さらに栞も登録してくださっているのに申し訳ございません。 私としても前に何度か指摘頂いて、私なりに考えての対処はしていたのですが力不足でした。更に今回はミスで前書きに番外編との同時更新の記載忘れておりました。

ええと、すみませんここでお話するのは、人の目もあるのでメッセージの方がいいか迷いましたが、
恐らく同じことを思っている方もいらっしゃると思うので、言い訳もさせてください。

隔離のことは考えたこともございましたが、なぜそれをしたかったのかはコラボ作品、頂いた作品などは本編に載せることでもお礼の一環になるかと考えていたからです。
いや、これはご本人様たちから聞いたわけじゃないんですけど、自分の知ってる作品とかに自分の携わった作品が載ってたら嬉しいかなって……私がそういうタイプの人間なので、勝手にそうしてました。

番外編ですがそちらは隔離移動本格的にしようかと思ってます。
番外編を進める時、そっちの方優先で更新してた時もあったので一緒にしてましたがそちらは隔離しますね。
最新話更新での閲覧UAが減りましたらパス式での編集行おうと思います。

コラボ作品、イラスト作品の移動はご本人様たちにコンタクトをとっての相談をすることになりますので対処は遅れてしまうと思います。暫くは更新されないかと思いますので御容赦ください。
私の方も、何かいい方法ないか考えてみます。



長くなってすみません。
指摘ありがとうございます。コメント欄でって、きっと來那さん勇気出してくださったんですよね。
でも皆さん思っていたことをよく言った!って思ってる方多いと思います。読んでくださる方が増えて、とてもありがたい立場と状況の今。喜ぶばかりでなくちゃんと問題がないか、気をつけるようにしますね。

堅苦しい文章になって申し訳ございませんでした。
ハーメルンにはメッセージもありますので、なにか他にも気にされてることで、コメント欄では言い難いことあれば仰ってください。

いつも読んでいただいてありがとうございます。お気に入りも登録していただいているようで、とても嬉しかったです。



追記

引っ越しましたよ褒めて!!(黙)
少しは読みやすくなりました??褒めていいんだよ??引っ越す時に過去のあとがき読み返すことになって深夜一人めっちゃ後悔してたからね??
黒歴史すぎて心痛かった。そんな時間経ってないはずの言葉なのになんであんな黒歴史になってんの??は??

更新が仕事終わりにすること多いから多分ハメ外してたんですね。これだから日本の社会は(暴論)

ご指摘ありがとうございました!これからもよろしくお願いします!


爆弾  2019年09月05日(木) 18:07  65話 報告

前頭葉とかが理解できるの、新しい伏線だと思ってたら作者も悩んでて驚いた。
後書きなかったら絶対に回収されない伏線として覚えてたかもしれない....

-追記-

(評価はしてるけど非公開なんですよ.....)

返信:宮野花 2019年09月10日(火) 00:17

爆弾さんコメントありがとうございます!!
そして評価もありがとうございました。光栄すぎ……。
追記→すみませんと思ったら貰ってなかったわ。なにが見えていたんでしょう。怖。

【新しい伏線】

>ご め ん な さ い ! !
すみません全然そんなことないんです。書いてる途中から気付いてたんですけど、そこのくだり書くと無駄にグダグダするからカットしただけなんです。
こじつけの補足をするなら、本で知った知識みたいな感じ。ハンターハンターでクラピカ理論読んだみたいな感じです。

【後書きなかったら絶対に回収されない伏線として覚えてたかもしれない..】

>申し訳なさ死


追記返信

ええええ本当ですかありがとうございます!!!!
ただ評価を知るのが怖い宮野。非公開である意味よかったかも……なんてね。
高い評価でも低い評価でもしっかり受け止めます。コメント頂けてとても嬉しかったし、今後も頑張るで。
コメントも評価もありがとうございました!またお暇な時に読んでいただけると嬉しいです!


コイコイさん  2019年09月05日(木) 06:40  65話 報告

ユリちゃんとヘルパーロボット可愛い

あとXさん結構抜けてるところ面白い

-追記-
(7行省略されています)

返信:宮野花 2019年09月08日(日) 21:05

コイコイさんコメントありがとうございます!

風邪大丈夫ですか?って流石一週間くらい立ってるから良くなりましたかね?そうだといいのだけど。

【ユリちゃんとヘルパーロボット可愛い】

>おんにゃのことロボットは混ぜよう可愛い。
ユリちゃん褒めてくれてありがとうございます。愛着のあるキャラなんで嬉しいです。
あ!でも贔屓はしないようにしてます!!積極的に痛めつけてるので!!(え)


【あとXさん結構抜けてるところ面白い】

>実は今回のXさんは小学生か中学生くらいのイメージで書いてます。
最近のお子さんたち頭いいけどね。マイクラとかやってる子達なんなん?匠??
Xの記憶はゲームやってる人達のデータとありますが、このXは好奇心旺盛で怖いもの見たさ。若いエネルギー沢山詰め込んだ人を意識してます。
性格はデリカシーないけど。多分このXはクラスで女子がおならしたら、めっちゃくちゃからかうやつです。やめてあげてよォ!!



【追記返信】

そんな装備で大丈夫かと思ったが、愚問だったようだな。失敬。



ヒラミル  2019年09月04日(水) 22:32  65話 報告

関係ないですが……

ふと『セフィラたちも人外だな』と思って……
そのままユリさんが逆ハーレムと女子グループ作るのを想像してしまいました……

(9行省略されています)

返信:宮野花 2019年09月08日(日) 20:51

御艦ヒラミルさんコメントありがとうございます!

【セフィラたちも人外だな】

>そこに気がついたあなたは宮野ときっといい友達になります……(決して逃がさないぞ)

そうなんですよ!!!!
セフィラ人間じゃあないんですよ!!!!
いや元人間だからユリちゃんパワーは発揮しないのですが。
しかしあのメタルボディはとってもキューティーですよね。個人的には抑圧時のホクマーさんがとってもすこ。
というかあれもうアブノーマリティだから。いなくなっちゃった対価さんにしか見えん。

【逆ハーレムと】
>大好物やで


【女子グループ】
>脳内変換百合グループやで(最低)



【ごめんなさい(懺悔)】
>そんな卑下しないでください。大丈夫こんな作者だって生きてるんですよ(ニコッ)
……あれ目から汗が。




追記返信

いやむしろこんな性癖歪んでるやつが友達でいいんですか??大丈夫??考え直した方が良くない??宮野はあなたのためを思って言ってるんだよ??

【こんなロボットしか好きになれないようなのが??】

>今度一緒に教育用うさぎロボをおきあがりこぼしして遊びましょう……?(ニコッ)

【もうセフィラはずっと箱型で良いです(暴論)。】

>こんなにわかりみが深い言葉もそうそうない。
箱型セフィラかわいいですよね。人型ももちろん好きだけど、箱型の愛おしさやばいです。
しかしひとつ間違ってるから直しておきますね?油性ペン使ってきゅっきゅっ……と。これでよし。

もうセフィラはずっと箱型で良いです(正論)。


珈琲中毒 ID:acZh3CUU  2019年08月27日(火) 07:42  65話 報告

AIに感情とかイイよね( 'Θ' )
AIの反乱とか寧ろ私は彼らに侵略されたい(過激派)
どうせ技術は発達するものだし人間はいずれ適応するのです。良しどんどんやれ。そして私の家にもヘルパーちゃんを寄越すんだよ!
自分の欲求を満たすために他者に働きかけるってのが感情の一つの役割と私は考えてますが、今話はまさにそんな感じでしたね。まず「自分」という認識を持てるかが難しいところ
あ〜ヘルパーちゃんにすりすりされたいんじゃ

返信:宮野花 2019年09月04日(水) 20:00

珈琲中毒さんコメントありがとうございます!

名前にすごい親近感を感じる。コーヒー上手いですよね。宮野はエナジーなモンスター飲みすぎて最近カフェイン中毒になりつつあります。ワロエナイ。

【AIの反乱とか寧ろ私は彼らに侵略されたい】

>それをロボトミー世界では〝盲愛〟とよびます。
しかしヘルパーちゃんはやらんぞ決してやらん。あれは宮野が貰います【汚染度70%を確認しました】………え?


【自分の欲求を満たすために他者に働きかけるってのが感情の一つの役割】

>すごい深み。
欲求が本能だとしたら、それに理性を混ぜたものが感情なのかもしれません。とかそれっぽいこと言ってみる。
ただ今回の話は結構直感で書いてたので執筆中はあんまり考えてなかったんです。何書いてるの?しらす(。∀゜)くらいの感じで書いてました。

【まず「自分」という認識を持てるかが難しいところ】

>そこまで持ってしまったら、きっとヘルパーちゃんは精神的にも成長してしまいますね。
今はショタみたいな感覚で書いてました。原作の口調がそんな感じだったので。それがそのうち大人になって……。あれそんな話どっかで聞いたことあるぞ。テからはじまるクマの人形の話……。


【あ〜ヘルパーちゃんにすりすりされたいんじゃ】

>その言葉に私が言えることはひとつ。〝激しく同意〟。



スコープ  2019年08月26日(月) 18:17  65話 報告

ユリさんの体質と言う最大最強のカモフラージュ方法よw

>>Q.人間を二種類にわけるとしたら?
変態(自分)「攻めと受け、若しくはノンケとホモ」

>>英単語の側頭葉
ほ、ほら。自分の頭を指差して大体ここら辺の的な感じで会話してたら大体どこら辺の部位を指しているのか分かるよ……多分……!

返信:宮野花 2019年09月04日(水) 19:52

スコープさんコメントありがとうございます!

【ユリさんの体質と言う最大最強のカモフラージュ】

>ユリちゃん「はいはい私のせい私のせい。」

まぁ何かあったらだいたいユリちゃんのせいか妖怪のせいにしておけば何とかなります。えっ?誤字脱字があった?ごめんそれ妖怪のせい。
あー仕方ないですそれは仕方ない。妖怪のせいなのねそうなのね。

妖怪「ざけんな」


【攻めと受け】

>そこで攻めと守りでないあたり流石スコープさん私と同じ感性である。
でも個人的にスコープさんは「SとM」だと思ってました(とてつもなく失礼)
え?私ですか?「殺るか殺られるか」に決まってるでしょ?あれそういうはなしでしたっけこれ。



【英単語の側頭葉】
>フォローほんまにありがとうです。
そうですよね、そんな感じでないと難しいですよねぇ……。私だったら絶対わからんもん。は?で終わるわ。

こじつけするなら本で読んだ知識ですかね。それかハワイで親父に習ったんですよ(やけくそ)






シェイネ  2019年08月26日(月) 15:36  65話 報告

あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛リトルヘルパーかーわいーなー

結構最近忙しくて 暑さで頭がやられてたところに
この小説。
風呂上がりの麦茶の如し、気分がめっちゃ良い。
(10行省略されています)

返信:宮野花 2019年09月04日(水) 19:46

シェイネさんコメントありがとうございます!
お久しぶりです〜!!まだ読んでくださってて作者は嬉しいです(´;ω;`)

風呂上がりの麦茶にはかなわないですよ〜。あれはもう、言うなれば砂漠で見つけたオアシスのよう……。
しかしヘルパーちゃんはかわいいですよね。ほんっと可愛いですよね。あざといですよね。ブイズのニンフィアレベルであざとい(褒め言葉ブイズ大好き)


【ユリさんが巨乳だったらタピオカチャレンジ】

>ユリちゃんの巨乳はあります。あなたの心の中に。
しかし個人的にはやろうとしてこぼして胸元びっしゃーが理ry
残暑続く中、大変オーバーヒートしやすい気温となっております。どうかシェイネさんもお気をつけて。作者はこれが通常運転なんでもうどうしよもないです。


追記返信

>めっちゃいいやん。
ここで小説を書こうとしましたがちょっとそれは本編でやろうと思いやめておきました。とりあえずポッキーはぜってぇやらせたい。


一升生水  2019年08月26日(月) 11:13  65話 報告

リトルヘルパーがなんか子犬みたいになったネ。女の子の声だったらボクっ娘と百合百合で脳内変換できたんだけど……うーん残念。

これにてヘルパーは漸く万能機へ。ユリちゃんが望めばお掃除もコーヒーもご飯もなんのその。そして、必要ならば殺し屋もそつなくこなす、という訳ですね。

返信:宮野花 2019年09月02日(月) 21:46

一升生水さんコメントありがとうございます!!


【ボクっ娘と百合百合で脳内変換できたんだけど……うーん残念。】

>その能力ください。
ヘルパーちゃん個人的にショタにしか見えんくて…、その妄想が多分映りました。すみません。
ぼくって一人称は公式だけど、そっかボクっ娘か。それもいいな。

今回は薄味でしたから、物足りない感じでしたよね。次は逆にギトギト濃いのを書きたいです。百合は……でる……かな?セコムは出ます(即答)

ちなみにこれもしまたコメントしてやってもいい!って時に教えていただけけると嬉しいんですけど、一升生水さんの理想百合ってどんなのですか?他作でもいいしアブノマでもいいので教えて欲しいです。もしアイユリ至高とかだったら爆発します。パンツが。

ちなみに作者が最近書きたい百合はアイとユリちゃんのケーキあーんです。小説には薄すぎて出来ないけどいちごショート食べて欲しい。「やだ、クリームついてるわよ」そう言ってアイはピンクの舌先を私の口端につけて、ちろり、と舐めとった。とかね。あっまいのください誰か……



【これにてヘルパーは漸く万能機へ。】

>万能ってなんだっけ?ネギ?
頑張れば擬人化もできるんでしょうか。必殺仕事人シリーズやって欲しいです。



黒白の暗殺者  2019年08月26日(月) 09:29  65話 報告

機械仕掛けの心、ね。
随分とまぁ……ロボトミー的に突っ込んだテーマにしましたねえ。ロボトミーは心がある存在ってかなり少ないですが、無いように見えて感情が在る存在は意外と多いんですよね。ロボトミーを構成する重要な三大要素は「感情」「心」「意思」だと思ってます。
あの世界だと何が切っ掛けでアブノーマリティになるかわかりませんが、人間からアブノーマリティに変わったアブノーマリティに基本的に共通してるのは執念に近いような強い思い込みや意思がアブノーマリティへの変化の根底に在るということですからね。「オールアラウンドヘルパー」は作った人の強い願いが根底にあるし、「死んだ蝶の葬儀」はロボトミーコーポレーションで死んだ者の哀れみや悼みが「死んだ蝶の葬儀」を呼んだ。
「魔法少女」三人は憎しみと正義、絶望と護り、強欲。

よーく考えると意外と多いんですよね。

返信:宮野花 2019年08月29日(木) 10:46

黒白の暗殺者さんコメントありがとうございます!

【ロボトミー的に突っ込んだテーマにしましたねえ。】

>すみません実はそこら辺あんまり考えてなかった……。
実はこの回、本当にリトルヘルパーのこの話を書きたくて書いていただけで。
最後のテーマは何度か読み返して付けたものです。
元々のタイトル候補は【意思は持つけど感情はない機械のお話】でした。書き上げたものにそぐわないのと韻が悪いので最後に変えた感じです。


【ロボトミーを構成する重要な三大要素】
>確かに。
本編ストーリーでも、結局会社を動かしていたのは一人の「感情」「心」「意思」でしたよね。
いやまぁそりゃそうか。

アブノーマリティと人間の違いですが、個人的には力、容姿以外に極端という点があるのかなと思ってます。
仰って頂いた通り感情の名称が使われてるアブノーマリティや情報にそれらがあるアブノーマリティは多いですね……。
逆に書いてないものの方が少ないですよね。あとがきにも書きましたが、歌う機械ですら感情がないとは表記されてないんですよね。意思はあるとはっきり明記してありますし。
だから逆にリトルヘルパーの〝感情を持たない〟という原作の言葉は新鮮でした。
あ、いやその情報は厳密に言うとオールアラウンドヘルパーの方です。元々はレガシー版元にネタを考えてたりしたので、アップデート後のみを知る方にはややこしいですよね……。
黒白の暗殺者さんはレガシー版もプレイされてますか?アップデート後と変わらず頭を使うゲームなのですげぇ効率よく進めてそうですよね。宮野にはむりや……。

あのヘルパーちゃんではない他のヘルパーちゃん達はアブノーマリティではないあたり、大量生産されたただのロボットが変化したのは、紛れもなく人の心のせいなのでしょうね。とかね勝手に妄想してるそんな午前10時。


皮裂きジャック  2019年08月26日(月) 07:29  65話 報告

『やれることを敢えてやらない』ですか......。アネッサさん、一体どこで心変わりしたんでしょうねぇ。まぁそこら辺のことも後々語られそうなので楽しみですが。

今回のテーマは『機械仕掛けの心』と、かなり深いものでしたね。しかし、lobotomy corporationの世界で心のあるアブノーマリティとは誰がいるのでしょうか?
『何もない』は現在知能は低く(学習している描写はありますが)感情よりも原始的な『本能』によって動いているように見えます。『規制済み』や『蒼星』は最早意味がわかりません。ていうか、原作の設定的には普通の人々でさえも心を失い始めている感じなんですよね(まぁこの作品の設定的には違いますが)。作者様が心というものをどう定義しているかはわかりませんが、少なくともどのような『人外』 に心が宿り、どのような『人外』に心が無いのかという定義付けも人外物の価値の一種だと思っています。

返信:宮野花 2019年08月27日(火) 21:23

皮裂きジャックさんコメントありがとうございます!

アネッサの気持ちについてなんですが、実はあれ彼女の本質的な部分を書いたつもりでした。
なので心変わりというか、その事によってこの後心変わりする予定です。
その本質的な部分、このコメントの最後に書いていきます。長いのでスルーしても大丈夫です。
書きやすいように私の中に留めてる設定なので、今後詳しく書いていくつもりはないんです。人外×少女からズレちゃうので……。

【機械仕掛けの感情について】
>うう、嘘をつきたくないので正直に言うと、ヘルパーちゃんとイチャコラして欲しいという下心から書き始めて、
まとめて読み返した時にタイトルを考えました。
なので結果深いテーマになってしまったのですが、結構無意識に書いてる部分が多いです……。

エンサイクロペディアで感情という言葉はあまり出てきませんが、意志という言葉は見かけます。
私の中でそれは本能ってことで解釈して本編は書き進めております。

イメージとしては「食べたい」「好き」「嫌い」はあっても、その理由はわからないって感じ。

ここの解釈は自由なので、何か一つを決めつけるのはいけないとわかってるんですけど……。ストーリーを書く上で土台となる設定は必要なのでそうしています。


【原作の設定的には】
>原作と本編の世界観が違うのには、実は理由付けしてたりします。
それはネタバレになるので言わないのですが、皮裂きジャックさんのように鋭い方には見抜かれてしまうかもですね(--;)
でもお口ミッフィーでお願いしますー( ´・ω・`)
ただ設定は決まってるのですが、まだなんの料理も旗建てもしてないです。

心の定義は難しいですね……。
オーケストラさんとかには完全にあるんですけど(笑)
何気に一番曖昧に書いた自覚があるのが赤い靴です。読み返して自分でも?、ってなる時あります。
でもあれがしっくり来てるので、私の中で赤い靴はああいうものなんでしょうね。

考えて書いてる部分も多いのですが、感覚で書いてる部分も多いです。このシーンを書きたいっ!てなった時、キャラは勝手に動いてくれます。
この性格だからこの人は駆けつけるんだろうなぁ。みたいな。こう言うんだろうなぁ。って。



長くなってすみません。しかしこの先、アネッサさんの裏ネタです。長くなります。
もういいよ!ってなったらスルーしてください(笑)読んでいただいて、感想まで頂いて。ありがとうございました!



【アネッサの設定】
普通の家で、優しい両親に育てられた女の子。
一人っ子で愛情をしっかり受けて育ってきた。ディズ〇ーのような子供アニメが好きで、みんな仲良しがモットー。

それは小学生の頃。学校でいじめがあった。
一人の女の子を執拗に集団でいじめるその光景。アネッサは勇気をだしていじめを止めるように言う。
怖くて仕方なくて。舌打ちされた。「なにいい子ぶってんの?」
次の日から、虐められるのはアネッサだった。

そのいじめをいじめられてた女の子さえ見て見ぬふり。悲しくて辛くて、両親にその事を話す。

「アネッサ!よくやった!お前は自慢の娘だ!」
「アネッサ偉かったわね。貴女は何も悪くない。」

両親はアネッサをこれ以上ないくらいに褒め称える。実際アネッサのやったことは素晴らしく、誇りであった。

そうしてアネッサは笑顔を取り戻した。
間違ってない。そうアネッサは間違ってなかった。

でも、その出来事はアネッサを縛り付けることになる。
やはり正義は正しいのだと。
間違っていないのだと。
自分はそうでなければいけないのだとアネッサは自身を縛り付けた。

学校に相談しても影でいじめは起こる。
両親はアネッサに転校してもいいと言ったが、アネッサは決して首を縦に振らなかった。

「転校なんてダメ。立ち向かわなきゃ。それが正義よ。」





という過去を考えてました。
アネッサの中の正義は育ちに育って彼女を圧迫してます。
その後アネッサの母は言いました。
「どんなに間違っていても、逃げて欲しかった。あの子が傷つく必要なんてない。もう解放してあげたかった。」

でもアネッサの中でそれは【正義】ではないから。

アネッサは年上にも年下にも好かれるタイプですが、同年代には嫌われるタイプです。
優しく面倒見のいい人なので色んな人に好かれますが、常に気を使うような性格でもあるために、昔の記憶も手伝って人が苦手になりました。
だから彼女は機械の道に進みます。感情がない機械は人の醜さを持っていない。

だから、彼女の中で「機械に感情があるなんてあってはいけない」のです。

アネッサがユリを気にかけるのも、彼女の正義に〝弱者は守るべき存在〟というのがあるからでしょう。

そして【心変わり】について。
今回アネッサは「敢えてやらないこともある」と言いましたね。それってダニーが言ってたことと全く同じことお気づきでしょうか。
アネッサの中で、それは正義です。「ロボットに感情を作らないこと。」「作ってしまったらロボットも醜くなる。」
彼女の中で、葛藤が起こります。
その葛藤の答えは次の回で。でももう、この回の時系列で答えは出ています。

ちなみにこれは次書く書くかわからないネタですが……。
アネッサは、ユージーンが好きです。
自覚してるかしてないかはちょっとわからないけど、書いているうちに絶対好きなんだろうなぁと思いました。

アネッサは性格が柔軟ですが、価値観は頑固です。
彼女が人と仲良くなる時には性格より価値観を重視します。
それに対してユージーンは性格は頑固(不変的)ですが、価値観は柔軟です。
彼の場合性格さえ受け入れられてしまえば自然と仲良くなるでしょう。

この二人が正反対なのに長く付き合っているのはそういう理由だと思います。
ただ恋人にはなってません。そう思うとアネッサは自覚ないのかも。

アネッサとユリちゃんが仲良いのも、ユリちゃんの価値観がゆるゆるだからです。あの子は自分は無価値、以外はかなり柔軟かと思います。というか優柔不断。


と、長々アネッサのことを書きました。
文にするとやべぇ病みを抱えてるみたいに見えますがそんなこともありません。
多分それらが自然で、無意識だからこそ。
彼女はそれにこれからもずっと縛り付けられるのでしょう。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。