人理を照らす、開闢の星
作者:札切 龍哦

▼感想を書く

白狼天狗  2019年08月24日(土) 07:50 (Good:0Bad:0) 報告

虎か、獣か。

ドーモ、札切龍哦。白狼天狗です。

セイレム編、演目上映3日目その5。
人間とは不確定の塊である。

狂い始める復讐劇。
ここまで計画通りに事をなしてきたエドモンだが、想定外の出来事に自身の在り方に疑問を持つ。
復讐鬼モンテ・クリスト、その炎は自分すら焼くのか?

>「復讐・・・!?まさか貴様、エドモン・ダンテス!エドモン・ダンテスなのだな!この悪魔め!見ろ!お前は、罪なき子すら手にかけた!何の罪もない、健やかな子だ!」
因果応報、己のなした事が返って来ただけだ。
妻を自害するようにしたのはお前だろう?
だか、我が子までとはエドモンも想定外。衝撃を受ける。

>【・・・・・・・・・・・・・・】
良心の呵責に苛まれるエドモン。
失意の果て、陽炎の様に消えるのか?

PS.
水着ジャンヌがブッ飛んでる件。
シナリオライターさん、夏属性ついてる疑惑。


ピーターライス  2019年08月24日(土) 02:14 (Good:0Bad:0) 報告

更新お疲れ様です。

今回のイベントの水着ジャンヌが出てくるシナリオ、カオスすぎてライターの正気を疑ったんですけど(真顔)
バーサーカーよりバーサーカーらしいんですが、あの水着聖女(ジャンヌ)!! 狂化EXが付いてないのが不思議極まりないですよ!?

ヴィルフォールの台詞が『おまいう』なのばかりで草も生えない。原因はお前にある、その報いを受ける時が来たのさ。

復讐は完遂した。……大きな代償を支払って。


#任意の文字列  2019年08月23日(金) 23:39 (Good:0Bad:0) 報告

 冒頭、気にするな!(ジュラルの魔王並感)そりゃデバイスが変わったらやりにくいですわな。ぶっちゃけ3000文字近く打つのに1時間くらいしかかからないというのは、のろまな自分から見ると問題ないのを通り越して羨ましいまでありますが…作者様は自分のやりやすいペースを見つけて、更新や返信を行っていただければ良いと思います。それと作者様も体調には気を付けてください。そろそろ季節の変わり目、体調を崩しやすい時期なので…

 クリスト伯爵の華麗なる復讐…その完遂までの目標、残りあと一人。だがいくら周囲から見て痛快であったとしても、復讐は復讐。当事者たるクリスト伯爵は、思い悩んでいる。自分は果たして正しいのか…ですが、既に賽は投げられた後。彼にはもう、後戻りする道がないのです…
 最後の標的・ジェラール・ド・ヴィルフォール。出世に出世を重ねた男を、復讐の虎が裁く。欲にくらんだ人間を使い、その過去を暴き立て、絶望に叩き込むことに成功しました。しかし明るい海の男エドモン・ダンデスがこうも狡猾に攻め立てるモンテ・クリスト伯爵に変貌するとは、やはり復讐は人を変えるんだなって…
 しかし、華麗で痛快で痛烈な復讐劇を繰り広げてきたクリスト伯爵も、そのツケを払う時が来た。無関係な一人の命を巻き込んでしまったクリスト伯爵ですが、結局のところ彼の掲げた復讐というものは、それらしい大義名分があるだけで本質的は人を傷つけることでしかなく、またそれ故に彼ほどの男でも制御できない、恐ろしい所業だった…ということなのでしょう。人の行いが他人を巻き込まない時なんてそうそうない。虎のように鋭く恐ろしいモンテ・クリスト伯爵も、やはり人の子だった…そういうことです。
 かくして大義名分を失い復讐者ではいられなくなったクリスト伯爵、いやエドモン・ダンデスは、一人ひっそりと消え失せてしまう事を決める。果たして再びすべてを失った男は、如何なる結末を迎えるのか…最後の瞬間が、間近に迫ってきました…

 恐るべき復讐鬼は、己の所業に追い詰められ、身にまとっていた復讐の衣をはがされる。唯の海の男に戻った彼の復讐の果ては、すぐそこまで迫っているのであった…といった所で次回に続く!
 これからも更新、頑張ってください。


インクレディブル春男  2019年08月23日(金) 22:51 (Good:1Bad:0) 報告

確かにヴィルフォールは自業自得であったでしょう。
その結末はそうなって当たり前であり、どうしようもないものでしょう。
ですが、個人的にはこれ以上追い詰めようとはどうしても思えません。
あの凄惨な有様を見せられては、当人でもない我等が何を言ってもそれこそ外野の野次以上の価値はありませんでしょうし…
問題はそんなことではなく、罪もない子供を巻き込んでしまったエドモンの方。
エドモンと巌窟王、本質的に同一人物であった彼等の間に、初めてにして決定的な亀裂が生じた瞬間。彼らの結末は。

それにしても狂人の演技が上手いモリアーティ。「実際に何人も見てきたから」だったりしそうだなあ…このアラフィフの場合。悪人が破滅して狂っていく様は、演じる方は楽しかったりするのよね。
因みにセミ様的には実際のところ今回みたいな杜撰な毒殺なんてまずしないんでしょうなあ。殺すたびに毒の種類を変えて犯人をわかりにくくするくらいのことは基本と考えてそうです。

因みにモンテ・クリスト伯の作者であるアレクサンドル・デュマ。
正確にはアレクサンドル・デュマ・ペールと言いまして、同じく作家として有名な息子と区別する為大デュマとも呼ばれるこのお歯黒ドミノは相当な美食家としても有名で、料理大辞典なるある意味彼の著作では1番の大作も執筆しているくらい。
より具体的には自分で作っちゃうくらいには相当な料理好きとして知られてます。
「サラダを使用人に作らせるのは料理への冒涜」だの「パスタはソースのための濡れた絨毯にすぎない」だのもう料理のことだけで彼の破天荒な性格がモロに出ています。
それで、個人的にヘルズキッチンの生徒になったこともなんかありそうだけど、もし仮にそうだとすると「凄く優秀だけど我が強すぎる」とある種の伝説になってそうですなあ…
ただ作家系サーヴァントの中では、めっちゃ俗っぽさが最大級に出てる分逆に一番仲良くなれそうな気がするのは私だけでしょうか。


ヘビーアームズ  2019年08月23日(金) 22:14 (Good:0Bad:0) 報告

撃っていいのは、撃たれる覚悟のある奴だけだ(更新お疲れ様です)

端末を変えられたのですか、同じ文字キーの配置の筈なのに端末とキーの大きさが違ったり、文字とは関係ないキーに何ヵ所か違う機能のキーがあったりしてると意外と使い難く感じるんですよね……

>「私はなんという事をしたのだ・・・!自らの罪を棚上げし妻を詰るなどと・・・!」
――今更相手の立場に立って後悔したところで、もう手遅れなのだよ、自分が悪を成した、ならば当然やられた相手から同じ様に悪を成されてもおかしくはない全ては因果応報なのだよ。

>「復讐・・・!?まさか貴様、エドモン・ダンテス!エドモン・ダンテスなのだな!この悪魔め!見ろ!お前は、罪なき子すら手にかけた!何の罪もない、健やかな子だ!」
――無罪のエドモンを冤罪で牢獄に送った人間が何を言う?
お前が悪魔でその報いを受けただけの事、自分の妻に自殺を命じ心中自殺に追い込んだのは誰だ?
それはなヴィルフォール……

 お 前 じ ゃ な い か


>「・・・僕たちは、復讐の領分を越えてしまったんだ。・・・もう、何処にもいられない・・・消え失せよう。何処へなりとも・・・」
――例え直接的なものではなく、引き金を引いたのが復讐の相手であっても復讐とは関係がない者を巻き込んだ事で後悔するエドモン……しかし、やはり悪党よりは好感が持てる。
連中は自分に危機が迫り、手遅れに成って漸く後悔する様な奴等でしたが、エドモンはそうではなかった。
ならば、まだ大丈夫だ、彼を立ち直らせる鍵となるのはエドモンを“心の底から愛する者”かな?


万屋よっちゃん  2019年08月23日(金) 21:59 (Good:0Bad:0) 報告

姉ビィィィィム!!!!!!!!!


はっ!!!カイオーガめいたあーぱー姉聖女の怪しげな麻婆を食べたせいで意識が飛びかけてた。。。。。
復讐自体は別に悪くないんだよ。。。。ただそこに矜持を持たなかったらただの獣になっちゃうから。然るべきルールと信念を決めて用法用量正しく復讐しようね!!

-追記-

とりあえずカドックは黙って必殺仕事人を見ろ。ジャパニーズスタイリッシュの全てが詰まってるぞ


河口大輔  2019年08月23日(金) 21:38 (Good:0Bad:0) 報告

アルたちが追いかけた猫って景虎ちゃんじゃないよな?
(シリアス台無しになる)

更新お疲れ様です。

モンテ・クリスト伯(エドモン・ダンテス)は少し甘かった。
『一族郎党皆殺し』くらいの考え方でないと復讐なんてやってられないよ。

札切さん宛てにメッセージ


雷電タメエモン  2019年08月23日(金) 21:25 (Good:0Bad:0) 報告

更新お疲れ様です。

慣れないと大変ですよね(^_^;)頑張ってください!!

水着のジャンヌ なんで狂化が 付いてない?
(夏イベのジャンヌを見ての一句)

>エロイーズ(演・セミラミス)「ヴァランティーヌに財を相続させ、
そしてヴァランティーヌを葬る。
そうすれば、財産は全てエドゥワールが握る事になる・・・」
わぁセミ様が演じるのか!!毒を使うしぴったり!!…天草に動画送っておこう。

>「お前は復讐者などではない!
罪なき命を奪った時点で、貴様はただの血に飢えた殺人鬼だ!
狂人め!返してくれ!我が息子を・・・返してくれ・・・!!」
マジでおまいう。元を正せば全ての原因を自分だというのに…。

最後の標的ヴィルフォール。
その妻を唆し、ついに復讐は完遂する。
因果応報悪因悪果…それは復讐者にも当てはまる。
復讐は確かに果たされる。…罪の無い幼い命を巻き添えにして。

『復讐』の領分を図らずも犯してしまったエドモン・ダンテス。
その手には、その心には何が残る?この復讐劇の結末は…次回を待てしか!!


nanos  2019年08月23日(金) 21:14 (Good:0Bad:0) 報告

端末が変わった状態での更新本当にお疲れ様です!
そして劇も終わりなって来たけど復讐の先に行き着いたのは果たしてどうなったか気になります!

おまけ
カジノのイベントで沖田さんの水着の経緯に吹いてしまったwXXさん貴方何してるの!?と突っ込んでしまったw 沖田さんの水着可愛い!でも装備の方に目が行ってしまうw
次も楽しみに待ってます!


暇人グレート  2019年08月23日(金) 21:13 (Good:0Bad:0) 報告

ゴージャス!(更新お疲れ様です!)

>・・・次なる場面が、復讐の果て。皆様、どうかお見逃しなきように──
二人ともここどうするか?個人的には跡形もなく消したい、そして劇を見に戻りたい



感想を書く
ログイン状態でのみ感想の投稿が可能です
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。