大本営第二特務課の日常
作者:zero-45

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

感想

黒25  2020年02月02日(日) 00:50 (Good:0Bad:0) 318話 報告

更新、御疲れ様でした。

研究者という生き物はぶっ飛んでるというイメージがありますが、海外からのVIPに海パン一丁というのはどうなんでしょう?オヤジに負けず劣らずの感性をしたイケメンっぽいですが。


坂下郁  2020年02月01日(土) 21:16 (Good:1Bad:0) 318話 報告

更新お疲れ様です。何やら色々大変だった御様子。ご快癒をお祈り申し上げます。

艦娘と深海の核心に迫る鍵を開けるのは……やっぱり変態。白衣というのは、どうしても中身をネイキッドに近い状態にしたくなる魔力があるのでしょうか。ああいう出で立ちをスタイリッシュに着こなすには技術いりますしね、流石技術者。


狐目の狸 ID:422k32Pc  2020年02月01日(土) 19:30 (Good:1Bad:0) 318話 報告

いつも楽しみに読んでおります。
この物語を読むと「世界ってそんなに優しくないよ?」って教えられる反面、「でもハッピーエンド目指して、人間は足掻いているよ?」って気分にもなります。
お身体に気をつけて頑張ってくだちい


京勇樹  2020年02月01日(土) 17:25 (Good:1Bad:0) 318話 報告

お久しぶりです、お怪我大丈夫ですか?
もしかして、技術者というのは変態が多いのかな?


全話感想

京勇樹  2020年09月01日(火) 18:32 (Good:0Bad:0) 323話 報告

上層部の無茶振りに困るのは、何時も現場の人間
現場を知らないのだから、黙ってろ。と言いたい


坂下郁  2020年08月06日(木) 10:46 (Good:0Bad:0) 322話 報告

無知鞭無恥無地むちムチィーーーッ……てな感じのことが最初に頭に浮かんだ坂下は、疲れてるんです、はい。

多分きっと西蘭と日本の新たな関係性とかを紐解く回だったはずですが。

お体とお気持ちのバランスを取りながら、ゆるゆると、ね。


黒25  2020年08月05日(水) 19:32 (Good:0Bad:0) 322話 報告

抜糸して然程時間経っていませんが、無理されてませんか?

蜂さんもくるのかな?とりあえず、ダコタの浄化前は居たみたいだけど.


京勇樹  2020年08月05日(水) 17:33 (Good:1Bad:0) 322話 報告

本当に、無理を為さらずに、自分のペースで投稿してください

提督の知らないところで、変なカースト制度が爆誕してたよ


京勇樹  2020年06月29日(月) 17:30 (Good:0Bad:0) 321話 報告

誤解が誤解を呼び、予想外が予想外を呼ぶ
つまり、カオスさ


坂下郁  2020年06月21日(日) 22:52 (Good:0Bad:0) 320話 報告

更新が早い、だと…。読み返してますが、まだ『そこにある信念と生き様』までしか来てないのに。

というわけで更新お疲れ様です。

執筆から遠ざかるとグヌヌヌヌ…とても分かるのです。とか言いながらこの密度、流石です。いろんな糸をここで繋げてきたかぁ。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。